瑞鳳殿、ガイドツアー


01
05 90 瑞鳳殿・感仙殿・善応殿、宮城県仙台市、画像.jpg
伊達忠宗公の御木像、感仙殿
(宮城県仙台市/2018年7月12日撮影)















02
01 90 瑞鳳殿・感仙殿・善応殿、宮城県仙台市、画像.jpg
「感仙殿」 / 手前が二代・忠宗公の「感仙殿」、奥が三代・綱宗公の「善応殿」。





03
02 90 瑞鳳殿・感仙殿・善応殿、宮城県仙台市、画像.jpg
「感仙殿」 / この日は御開帳が行われました。










【 宮城県仙台市 / 2018年 】


7月12日。

『瑞鳳殿(ずいほうでん)』で行われた「学芸員によるガイドツアー」とうのに参加してきました!

時々こういうのをやっているようで、前から一度、参加してみたいと思っていました。




いわゆる仙台の観光名所『瑞鳳殿』という場所には、仙台藩祖・伊達政宗公の「瑞鳳殿」、二代・忠宗公の「感仙殿(かんせんでん)」、三代・綱宗公の「善応殿(ぜんのうでん)」の3つの霊屋があります。

忠宗公の命日であるこの日、「感仙殿」は御開帳があり、伊達家現当主、住職、関係者の方たちによる「二代藩主伊達忠宗公三六一遠忌法要」という行事がありました。

一般客も行事を見たり、「感仙殿」でご焼香と合掌をすることができました。

「学芸員のガイドツアー」も、この日に合わせて行われたものです。




僕が今回参加した「学芸員のガイドツアー」は、一般客向けの催しで、申込不要、通常の入園料はかかるけど、催しへの参加は無料!

学芸員の方の解説を受けながら「瑞鳳殿」、「感仙殿」、「善応殿」を1時間弱で巡りました。

『瑞鳳殿』には何度も行っているけど、僕の知識や目なんぞでは、まだまだ知らなかったことや気付かなかったことだらけ。

人物、建物の造り、この場所のことなど、解説をしてもらうことで新たに知ることがいくつもあって、すごくおもしろかったです!

よりいっそう『瑞鳳殿』への興味が深まりました。




・・・できれば僕が、この日聞いてきたことを、もっとこのブログで活かせればいいんですけどね(汗)。




こういった催しを年に何度かやっているようなので、興味のある方はぜひ参加してみては!

解説を聞きながら学芸員の方にくっついて歩くだけの、気軽な催しでた。

『瑞鳳殿』という場所を一歩ふみこんで知ることで、仙台をより楽しめると思います!









この記事へのコメント