雪化粧の蔵王連峰と仙台市農業園芸センターの風景


01
蔵王連峰、仙台市農業園芸センター、宮城県、仙台市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

仙台市農業園芸センターと蔵王連峰
(宮城県仙台市/2017年5月撮影)















02
蔵王連峰、仙台市農業園芸センター、宮城県、仙台市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

仙台市農業園芸センター
園内の沈床花壇










春らしい陽気の日が多い、宮城のこの頃。

車を運転していて、ふと気づくと、遠くに見える奥羽山脈の雪化粧をした山々の風景が、とても綺麗だったりしますよね。

思わず車を止め、デジカメでパシャパシャと画像を撮らずにはいられません。





この画像01は、何日かまえ、車で仙台市若林区の荒浜から、同区の 「仙台市農業園芸センター」 に向かっている途中で、見つけた風景です。

ビニールハウスなどが写っている場所が 「仙台市農業園芸センター」 で、背後に写っている雪化粧をした山岳が蔵王連峰(ざおう れんぽう)です。
(・・・方向からして蔵王連峰だと思うんですが、もし間違っていたらすみません。(汗))

このブログでも、「仙台市農業園芸センター」 の画像はたくさんのせているし、ネットでも多く見かけるけど、こういったふうに撮った 「仙台市農業園芸センター」 っていうのも、なかなか珍しいんじゃないでしょうか!(笑)

―――このときは風が強く、辺りには土ぼこりが舞っていたので、車外に出るのは嫌だったんだけど、これを撮らねば後悔する!と思い、過酷な風じんに身をさらしながら撮影しました(笑)。





「仙台市農業園芸センター」 に行ってみると、園内にある沈床(ちんしょう)花壇の花がとても綺麗でした。(画像02)

いろんな花が見られる場所だけど、今回はその合間のタイミングだったから、もしかしたら、これといって花は見られないだろうと思っていたんですが、沈床花壇がとても綺麗だったので、行って良かったと思いました。

そう言えば、熱帯植物を育てていた大温室っていう建物がなくなってから、だいぶ経ちましたね。

なくなったのはいいことだとは思わないけれど、―――なんだか、見える青空の面積が、広くなったような気がします。

そのせいか、前よりもずっと、広々とした気持ち良さがあります。

それから、僕は最近知ったんですが、「仙台市農業園芸センター」 に愛称なるものが付けられていたんですね。

一年前の春のことらしいんですが、リニューアルオープンをしていたらしく、そのときに公募で愛称を募集し、「みどりの杜」 に決定したみたいです

ぜんぜん知りませんでした。





まだちょっと先ですが、「仙台市農業園芸センター」 では、バラが咲きますね。

園内にはバラ回廊みたいな柵を作っていたから、今年は、それがどういったふうになるのかが、楽しみです。






(画像保存品質設定-画像01・96、画像02・94)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449622791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック