照夜姫の絵、化女沼古代の里の看板


01
化女沼古代の里、照夜姫の看板、宮城県大崎市、長者原SA、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

照夜姫、化女沼古代の里の看板
(宮城県大崎市)















02
化女沼古代の里、照夜姫の看板、宮城県大崎市、長者原SA、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

照夜姫、化女沼古代の里の看板











このあいだ 「化女沼(けじょぬま) 古代の里」 に行ったとき、ふと気になりました。

園内に建つ、「化女沼 古代の里」 と書いた、高さ10メートルくらいの塔のような形をした大きな看板です。

たまに行っている場所だから、気にしたことがなかったけれど、よく見たら、公園名だけじゃなく、女の人の絵が描いてありました。

着物姿で、昔のお姫さまふうの若い女の人。

はじめは何かのキャラクターかと思ったんですが、「化女沼」「姫」 といったかんじで連想していたら、
「あれ!? もしかしたら照夜姫(てるやひめ)かな!?」
って思いました。

照夜姫っていうのは、ゆるキャラとかPRキャラクターのたぐいじゃなくて、化女沼にまつわる民話に出てくる、沼のそばにあったという長者屋敷の娘です。

以前このブログで照夜姫伝説のことをすこし書いているので、その記事を見てください。
◆「化女沼にある 「大崎市化女沼ダム観光資料館」」




看板には絵しか描いていないから、本当に照夜姫なのか分かりませんでした。

気になったから、園内で花壇の手入れをしてた地元の方らしきご婦人に、もし知っていればと思って尋ねました。

そしたら、民話に出てくる照夜姫の絵だと教えてくれました。

ちゃんとした確認をしたわけじゃないけれど、そのご婦人も言っていたし、化女沼のそばで他に姫姿の絵にああてはまるものもないから、照夜姫の絵ってことで、まず間違いないと思います。




化女沼らへんでは、けっこう何気ない場所にも、照夜姫の絵が描いてあったりするんですね。

せっかくなので、ちょっとブログに書いてみました(笑)。







(画像保存品質設定 96)

[備考] 『化女沼 古代の里』 / 場所: 宮城県大崎市古川川熊長者原 / 入園料: 無料(自由) / 駐車場: あり(無料) / トイレ: あり(公衆トイレ) / ※これらは僕のかってな所見です

参考地図: 化女沼古代の里
(マップ貼付2017年5月。以降のマップ側の変更には対応していません。)



この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449875856
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック