太白トンネル


01
01 太白トンネル、宮城県仙台市太白区、秋保電鉄.jpg
太白トンネル
(宮城県仙台市太白区/2018年7月撮影)















02
02 太白トンネル、宮城県仙台市、秋保電鉄.jpg
太白トンネル / 2018年7月撮影










【 仙台市太白区 / 2018年7月 】


このあいだ、車で「太白山(たいはくさん)自然観察の森」へ出かけたとき、近くにある山田自由ケ丘という場所で、花がたくさん咲いているアジサイ並木を見つけたので車を止め、眺めたり、デジカメで画像を撮ったりしました。

そばに宮城交通の車庫があるようで、バスが出入りするためのバス専用道路があり、アジサイ並木はその道路ぞいにありました。




花をたどりながら歩いてゆくと、アジサイ並木が終わったところに、非常に気味の悪いトンネルがありました。

人は通れるようだけど、パイプガードがあって、車は入れないようになっています。

もし車が入れたとしても、軽自動車がギリギリ入れる程度の狭さです。

トンネル内の暗黒を凝視するだけでも心拍数の上がるよう気味の悪さだったけど、近づいて覗き込むと、ずっと奥に、明るくなっているトンネルの向こう側が見えました。

たぶん、トンネルの長さは100メートルくらいです。

暑かったこのとき、自分の背後から吹いてきた生ぬるい風が、そのままトンネルに吸い込まれていたのが、妙にいやな感じでした。

なぜこんなところに?
どこへ通じているのか?
誰が使うためなのか?

興味がすごくあったけど、なにせ非常に気味が悪かったので、入りませんでした・・・。

・・・心霊スポットにでもされていそうな場所です。




あとから、ちょっとネットで調べたら、このトンネルは「太白(たいはく)トンネル」といって、やっぱり心霊スポットとして多くのサイトで取り上げられていました。

僕は心霊スポットに興味がないから、どういったいわれのある場所かまでは目を通さなかったけど、「太白トンネル」は、もとは秋保電鉄の線路のトンネルだったらしいです。

60年近く前に秋保電鉄は廃線となり、線路が撤去され、そのあとは人が通行できるトンネルとなったようです。

アジサイ並木のある宮城交通のバス専用道路も、もとは秋保電鉄の線路だったようです。




昔は仙台中心部から秋保温泉の方まで秋保電鉄という電車が走っていたことは知っていたけど、こういった場所にその痕跡があるとは知りませんでした。

秋保電鉄が走っていた頃、その電車が運転手一人のいわゆるワンマン電車だったのかは知らないけれど、もしそうだったとすれば、乗客が誰もいないとき、運転手がひとりで「太白トンネル」を通るのは、さぞ心細かったことでしょうね・・・。







この記事へのコメント