仙台駅東口の「アンパンマン像」


01
01 94 アンパンマン像、仙台駅連絡通路東側、宮城県仙台市.jpg
仙台駅東口の「アンパンマン像」
(宮城県仙台市)











【 宮城県仙台市 / 2018年10月 】


仙台駅東口に10月初めにできた「アンパンマン像」。

このあいだ通りがかったから画像を撮ってきました!

見た目からして石でできているのかと思ったら、繊維強化プラスチックとかいう素材でできているらしいです。

指先で軽くトントンとついてみたら、石とは全然違う、軽そうで中が空洞な音がしました。

「アンパンマン像」の高さは、僕がざっと見たかんじだと110~120cm。

アンパンマンの伸長(の設定!?)を知らないから、この像が実物大なのかもわからないけど、―――もしアンパンマンが実際にいたとしたら、こういったかんじの存在感かも知れませんね(笑)。

だとしたら、―――頭のパンて、けっこうデカイ!(笑)



僕が「アンパンマン像」を眺めていたとき、像の背中の方から歩いてきた人たちが、通りぎわに正面側を見て、
「お地蔵様があるのかと思ったらアンパンマンだった 笑」
としゃべっていました。

たしかに、背中側だけを見ると、・・・ちょっとお地蔵様っぽかったです(笑)。



「アンパンマン像」ができた仙台駅連絡通路は大規模な改修工事があって、2年ちょっと前に、まるっきり新しくなりました。

僕はそれから何度も歩いているから見慣れてきたけど、こうして改めてじっくり眺めると
「昔の風景が想像できないほど、本当に立派な場所になったなあ」
と思います。



仙台駅から大人の足で歩いて5分くらいのところに「仙台アンパンマンこどもミュージアム」があります。

7年くらい前にオープンして以来、仙台駅とそこまでの道では、子連れの親子が歩いているのをよく見かけるようになりました。

今じゃ、仙台の小さい子がいる家族は一度は行く場所!となったんじゃないでしょうか。





(画像保存設定: 94)

この記事へのコメント