「地底の森ミュージアム」に行った、『東北文化の日』めぐり(3・完)


01
01 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
地底の森ミュージアム
(宮城県仙台市)











02
02 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
「富沢遺跡」、2万年前の森林の跡の実物。 木の根、倒木などが見られる。



03
03 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
ひとつ前の画像(画像02)と同じ場所。 近くで見ることができる。



04
04 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
2万年前の森林の跡のなかに残っていたという鹿のフン。 鹿って2万年も前からいたんですね。 ふだん野山で鹿のフンを見かけても避けるけど、2万年前のだと思うとじっくり見てしまう(笑)。



05
05 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
森林の跡のなかに残っていたというたき火跡と石器をうめた跡。



06
06 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
この場所の地層の断面。



07
07 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
コンクリート壁に2万年前の森のようすを再現した映像を映していたけど、ぼやっとした映像でよくわからなかった(汗)。
それとは別に、天井からスクリーンが下りてきて20分ごとに上映される、2万年前のこの森での人類の生活を再現した映像は、すごく分かりやすくて良かった。



08
08 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
展示のようす。



09
09 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
展示のようす。 「富沢遺跡」から出土した2万年前の鹿のフン。 こんな形のまま残っているものなんですね。



10
10 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
展示物の模型。 2万年前、「富谷遺跡」の辺りは、こういった風景の場所だったようです。



11
11 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
現代の地図による、「富沢遺跡」の位置。



12
12 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
展示のようす。



13
13 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
展示のようす。



14
14 96 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
鹿のはくせい。



15
15 94 地底の森ミュージアム、富沢遺跡、宮城県仙台市、画像.jpg
「地底の森ミュージアム」(仙台市富沢遺跡保存館)の案内図。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




【 2018年11月 / 宮城県仙台市 】


2018年11月3日、『東北文化の日』の催しのひとつとして、「文化の日」でもあるこの日は、東北地方では多くの文化施設が無料開放されました。

せっかくのいい機会なので、僕は自分が住んでいる仙台市内の無料開放された文化施設を、1日のうちに3か所ほど車でめぐってきました!

最後に行ったのが、仙台市太白区(たいはくく)にある『地底の森ミュージアム』です。

ふだんは一般460円なのが、この日は無料!



僕は、ここにはむかし一度だけ行ったことがありますが、―――あんまり覚えていません(汗)。

このブログを始めた頃で、そのときのことも書いていたので自分で見てみたら、もう12年も前のことでした。



『地底の森ミュージアム』は「富沢遺跡(とみざわいせき)」を保存している場所だそうで、2万年前にこの場所にあった森林の跡、そこで旧石器時代の人類が生活をした痕跡、鹿のフンなどの実物を見ることができます。

30年前に発掘調査が行われ、そのあと遺跡を囲って建物を建て、一般公開しています。

こういった遺跡がそのままの状態で保存され、実際に見ることができるのは、とても珍しいようです。

仙台市内の地中深いところには、こんなものが眠っていたんですね。

こういったものを、一度自分の目で見ておくことは、とてもだいじなことだと思います。



「富沢遺跡」は、この場所に小学校を建てようとしたら出てきたそうです。

周辺では、仙台地下鉄南北線を掘るときに、予定コースのボーリング調査が行われたので、広い範囲で地中のようすを把握していて、「富沢遺跡」を中心に、この辺り一帯の2万年前のようすがわかっているそうです。

地中に残されたものから、2万年も前のようすがいろいろわかるなんて、おもしろいですね。



この日は「地底の森ミュージアム」のボランティアガイドさんが数名いらしたので、声をかけ、説明をしてもらいました。

やっぱり、人に説明してもらいながらだと、遺跡の見方や見どころがわかりやすくていいですよね。

自分でただ説明パネルを読んだりするより、よっぽど興味を持って見ることができました。



11月3日は、僕がめぐった3か所だけじゃなく、他にも仙台市内の多くの文化施設で無料開放、料金割引、関連イベントが行われたようです。

ふだん文化施設に行く習慣のない僕にとって、「無料なら行ってみようかな」と思った、とてもいい機会でした。

たぶん2019年の『東北文化の日』も行われるだろうから、ぜひまたこの催しを活用したいと思います!





※2019年1月1日からブログ管理人の名前を「与平」から「Tanji(タンジ)」に変えました。



(画像保存設定/01・08・09・12・13・15:94、02~07・10・11・14:96)

この記事へのコメント