令和! 仙台駅前の号外!


01
01 80 新元号・令和、号外、仙台駅前、画像、宮城県仙台市.jpg
令和!河北新報号外!
(宮城県仙台市)












02
02 80 新元号・令和、号外、仙台駅前、画像、宮城県仙台市.jpg
号外が配られる前の仙台駅前




03
03 80 新元号・令和、号外、仙台駅前、画像、宮城県仙台市.jpg
号外配布中の仙台駅前






新しい元号は ――― 令和!

「れいわ」という音に、品格のある美しい響きを感じるから、僕は気に入りました!

すてきな元号だと思います!



新元号の発表があったのは、今日の午前11時半ちょっと過ぎ。

僕は買い物をしに仙台中心部へ出ていたいたんですが、昼12時頃に仙台駅前を通ったら、西口のペデストリアンデッキでは仙台の地方テレビ局が3社くらいいて、新元号についての街頭インタビューをしていました!

そういえば、よくここではビッグニュースがあると号外が配られたりして、そのようすがテレビの地方ニュースで取り上げられています。

たとえば、仙台出身の羽生結弦さんのビッグニュースのときとか。

「今日も号外が出るかも!」
と思ったから、ちょっと待ってみることにしました(笑)。

僕の他にも号外が出るのを待っている人がけっこういて、人が人を呼んでしだいに増え、仙台駅西口のペデストリアンデッキは300人以上の人だかりになりました。

駅職員や警察官がきて、整備にあたっていました。

警察官に尋ねたところ、午後1時過ぎに号外を出すという連絡がきているとのことだったので待ちつづけたんですが、その時間になってもなかなか号外が出ない―――。

さらに待ち、午後一時半過ぎ、河北新報のジャンパーを着た人たちがたくさんきて、ようやく「令和」と書かれた河北新報号外が配られました!

もうすぐ始まる新時代のいい記念になりました。



僕は昭和生まれだから、平成になって十年二十年の頃は平成生まれの人を目の前にすると驚いていたけど、これからは ”令和生まれ” に驚くんでしょうね。

まだその免疫はできていません(笑)。

初めてのときはきっと、”令和生まれ” を目の前にして、驚き、新鮮さ、怖さ、切なさ、等々いろんなものを感じるでしょう―――。

あ、怖さと切なさっていうのは、自分が昭和まれであることを実感する怖さです(笑)。

僕の亡き祖父は大正生まれ。

おじいちゃんも、こんなふうに時代の流れというのを感じて生きていたんだろうなあ―――。



新元号の時代になる期待も持ちながら、平成という時代に感謝をして、5月1日を迎えたいと思います。





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

令和グラス(新元号グラス)【令和】
価格:2000円(税込、送料無料) (2019/4/1時点)


この記事へのコメント