根白石 民族 ミニ七夕、仙台市泉区


01
103 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
根白石 民俗 ミニ 七夕
(宮城県仙台市/2018年8月撮影)








(※ 記事内の画像は2018年8月の展示が行われている時期に撮ったものです。)







02
102 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
「高長商店」 / 画像01も、ここの七夕飾りを写したものです。 七夕飾りの竹の鉢はこの場所が一番多く集められていて、十数鉢ありました。





03
104 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
国道457号 / 奥が「高長商店」。 画像右、赤いパイロンの近くで道路沿いにあるのが「日の出酒造」の七夕飾り。 七夕飾りの竹の鉢は、通りで十数メートルおきにぽつりぽつりと置かれているかんじでした。





04
105 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
日の出酒造の七夕飾り / 画像03にも写っている「日の出酒造」の七夕飾りです。 細やかな飾りがとてもきれいでした。





05
107 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り





06
108 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り / 根白石郵便局。





07
109 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り





08
110 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り / 白と金色の組み合わせがすごくきれいでした。 どれも良かったけど、僕はこの七夕飾りが一番すてきだと思いました。





09
111 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
鉢植えの竹の根元





10
112 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
わらで編んだ馬とワラジの七夕飾り





11
113 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り





12
114 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
七夕飾り / 羽生結弦さんのイラストを取り入れた七夕飾りもありました。





13
115 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
羽生結弦さんの人形 / はじめは七夕だから彦星の人形かと思ったんですが、よく見たら首に金メダルをさげていたので、もしや羽生結弦さんの人形では?!と思いました。 羽生結弦さんの偉業は、宮城県中の人が本当に喜んでいます。 この町にも応援していた人がたくさんいたんでしょうね。





14
101 96 根白石民族ミニ七夕・宮城県仙台市泉区・画像.jpg
下町公会堂の七夕飾り









【 宮城県仙台市 / 2018年7月 】


8月7日、根白石(ねのしろいし)で「根白石 民俗 ミニ 七夕」を見てきました!

根白石があるのは仙台市泉区で、泉ヶ岳(いずみがたけ)の南東麓。

宮城県ではどこでもそうだけど、ここでも七夕は、月遅れの「8月6~8日」に行います。




根白石の七夕は “鉢植えで育てた竹に七夕飾りを飾る” のだそうです!

ちょっと珍しいので興味があり、いっぺん見てみたいと思いました!




根白石で目印になる場所は「高長商店(たかちょうしょうてん)」。

古くからある、衣料品や生活用品などをあつかう商店です。

店前に臨時の案内所みたいな集会テントがあり、地元の人たちがいて、その場所を中心に「根白石 民俗 ミニ 七夕」は行われていました。




僕は、「高長商店」から「根白石郵便局」の方へまっすぐ伸びる国道457号を、400メートルほど歩いてきました。

七夕飾りの竹の鉢植えは、「高長商店」の店先や、国道457号沿いでは数十メートルおきにぽつりぽつりと商店や民家の入口に置かれていました。

僕が歩いた範囲では、50鉢くらい見ることができました。

この竹は、七夕のために鉢植えで育てているそうで、高さは1.5メートルくらい。

七夕飾りは根白石と周辺の老人会、子供会、商店、住民の人たちの手で作っているそうです。

「根白石 民俗 ミニ 七夕」は “ミニ” というように、竹も七夕飾りも小さいんだけど、一つ一つがていねいに、そして上手に作ってあって、どれもすごくすてきでした。




七夕飾りのなかに、わらで編んだ馬とワラジがありました。

どちらも、大人の手の平ほどの大きさです。

僕はこういったものが七夕で飾られているのを見かけたことがなかったから、どういった意味があるのか知りたくなり、地元の方にたずねました。

わらの馬は、この地域では、昔は麦わらで編んだもっと大きなものを家屋に屋根に上げ、米の豊作を願う風習があったそうで、それが変わり、今は稲わらで編んだ小さなものを、七夕飾りにしているんだそうです。

ワラジは、風習とかじゃなく、編める人がいたから、ただ飾っているだけなんだとか。




「根白石 民俗 ミニ 七夕」は、都市部の七夕祭りと違い、全体の規模も七夕飾りも小さいけれど、根白石だけの七夕祭りの風景がありました。

それを感じながら歩き、すごくいい七夕のひとときを過ごせました。

この日は雨ふりだったので、根白石まで出かけるのはちょっと気が重かったけど、―――行ってみて良かった!







[備考] 根白石 民俗 ミニ七夕(2018年度について) / 開催日: 2018年8月6~8日 / 場所: 宮城県仙台市泉区根白石町西上「高長商店」の周辺 / 駐車場: あり(無料) / トイレ: あるか見てくるの忘れた
駐車場は、七夕期間中だけの臨時無料駐車場が「高長商店」のそばに用意されていました。 50台以上駐車できそうでした。(2018年)

参考地図: 根白石の「高長商店」
(地図貼付2018年8月。以降のグーグルマップ側の変更には対応していません。)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

兄ちゃんは戦国武将! [ 佐々木ひとみ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/8/30時点)

この記事へのコメント