朱塗りの鳥居が連なる「萬蔵稲荷神社」、白石市


01
01 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg
萬蔵稲荷神社の鳥居
(宮城県白石市)













02
02 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




03
03 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




04
11 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




05
12 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




06
13 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




07
14 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg




08
15 96 萬蔵稲荷神社、鳥居、宮城県白石市、画像、Tanji.jpg






【 宮城県白石市 / 2019年4月】


いやあ驚いた!

自分の住んでいる宮城県にも、こういった光景の神社があったんですね。



このあいだ、車を走らせ、福島県の国見町から県境を越えて宮城県の白石市に入ろうとしたんです。

小坂峠という時おり車道ぞいの木々の合間に、麓を見下ろすいい眺めがある静かな峠道。

高いところまで行くと”宮城県白石市”と書いた青い案内板があり、それをくぐって宮城県へと入りました。

すると、間もなくして突然、――――――「朱塗りの鳥居が連なる光景」が車道ぞいに現れました!

まず驚きました。

京都・伏見稲荷大社の千本鳥居を思わせる光景。

そして一瞬で、僕はその光景にさまざまな興味が湧き、すぐに車を降りて探索をし始めました。

いったいこの場所はなんなのか? 鳥居はどれほどつづいているのか? たどった先はどうなったいるのか?



一番初めに建っている「萬蔵稲荷神社」と書かれた扁額のある他よりもすこし立派な鳥居をくぐり、それに連なる鳥居を次々とくぐって行くと、山のなかへと進むんだけど、道は曲がっていて、最終地点らしき場所はなかなか見えない―――。

そんな道をずーっと歩いて、ようやく神社の建つ場所にたどり着きました。

「萬蔵稲荷神社」など、境内にはいくつかの神社が建てられていました。

歩いた先にこういった立派な場所があったのですこし驚いたんですが、小坂峠からは、鳥居を歩く道とは別に、神社の関係者だけが使っていい車道が一本通っていました。



鳥居の数は、僕がざっと数えただけでも120本以上もありました。

山の木々のなか、「朱塗りの鳥居が連なる光景」はみごとでした。






 場所:  宮城県白石市小原馬頭山6 / 観光参拝: 無料(自由) / 駐車場: あり(無料) / トイレ: あり(神社境内の仮設BOXトイレ) / ※ これらは僕のかってな所見です

参考地図: 萬蔵稲荷神社




この記事へのコメント

このクルマクライマックス
2019年05月11日 22:22
4,5年くらい前でしょうか。
私も個々を訪れたことがあります。

この鳥居の並びは壮観ですよね~。
宮司さん?に明るく挨拶されたのを覚えています。
その時は赤ちゃん連れのファミリーが多かった感じでした。
他の詳しいことは覚えていないのですが、ここって、子宝に冠する神社でしたでしょうか?。
Tanji
2019年05月12日 22:52
>このクルマクライマックスさん

ここの鳥居の光景は印象的ですよね!
高いところの山のなかにあるせいか、境内の神聖感もありますよね。

子宝の神社かは、そのところは詳しく見てこなかったからわからないけど、通り掛けといった感じゃなく、わざわざ参拝に訪れたかんじの人が多かったのは覚えています。