金華楼、女川町の中華料理店


01
金華楼、チャーシューメン、ラーメン店、女川町、宮城県、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

金華楼のチャーシューメン
(宮城県・女川町)
Chinese Restaurant Kinkaro














02
金華楼、チャーシューメン、ラーメン店、女川町、宮城県、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

金華楼のギョーザ








2017年3月。 宮城県・女川町(おながわちょう)の 「復幸祭(ふっこうさい)」 に行ったとき、中華料理店の 「金華楼(きんかろう)」 で中華そばを食べました! (「復幸祭」 のことはまた別に書きます。)

―――この何ヵ月も前のことですが、とあるテレビ番組で、とある仙台市出身のお笑いコンビが 「金華楼」 の 『中華そば』 や 『チャーハン』 を食べているのを見て、おいしそうだったから食べてみたかったんです!

お店があるのは、女川(おながわ)駅前につくられた観光向け商店街の 「シーパルピア女川」 で、そのメイン通りからちょっとだけそれた場所。 女川駅からだと、歩いて3分くらい。





中華そばを食べるつもりで行ったんですが、メニューを見ていたら、『チャーシューメン』 を食べたくなってしまいました。 ・・・でもまあ、中華そばにチャーシューを多くのせたのが 『チャーシューメン』 なのだから、たいした変わらないですよね。

ということで、『チャーシューメン』(810円)、それと 『ギョーザ』(350円)を注文しました。

『チャーシューメン』 はスープがすごくおいしかったです! しっかりとした味付けで、じゃっかん甘味のあるかんじでした。 食べている途中でコショウをかけてみたら、味がぐっとしまって、それもまたおいしかったです!

のっていたチャーシューは、すごくあっさりした味で、脂身の多い肉でした。

『ギョーザ』 は、塩気をかなりひかえた薄味になっていて、ふだん僕はギョーザには何も付けずに食べてるんですが、ここではギョーザのタレをしっかり付けて食べました。





――――――「金華楼」 は、もともと女川港の海のそばにある町営有料駐車場の前に店があったそうですが、2011年3月11日発生の東日本大震災の津波で、店が流されてしまったそうです。

震災後、高台にある住宅地の方で店を復活させ、そして昨年(2016年)の3月に、「シーパルピア女川」 の現在の場所へ移転したとのことです。

僕は、震災以前の女川町にも何度か行っています。

10年くらい前には、「女川みなと祭り」 を見物に行ったことがありました。

そのときは、町営有料駐車場は車を空っぽにして、そこを祭りの広場にしていて、露店が並び、ステージイベントが行われていました。

僕は食事をしようと思って、町営有料駐車場の前にあった中華料理店を覗いたものの、祭りの日とあってか、店内は混んでいたので入るのをやめたことを憶えています。

たぶんその店が、「金華楼」 だったんだと思います。

そのときとはまた別に、女川町探さくをしたこともあって、その辺りを車で何度も行ったり来たりしたこともありました。 きっとそのときも、なにげない女川町の風景として、何度も僕の目に映り込んでいたことでしょう。






話はちょっと変わりますが―――
前にも書いたかもしれませんが、何ヵ月か前に三陸自動車道に 「石巻女川IC(いしのまき おながわ インターチェンジ)」 ができたおかげで、車での三陸自動車道から女川町が、すごく近く感じるようになりました!

向かうときは 「石巻女川IC」 を出て、石巻市(いしのまきし)総合運動公園のところを通って、真野川(まのがわ)の水門の橋を渡って、牧山(まぎやま)の北側を回って万石浦(まんごくうら)に出て、女川町に行っています。 この道だと 「石巻女川IC」 から女川町(女川駅の辺り)までが20分くらいですからね。

ICを出てからも遠いところ・・・・・・というイメージがほとんどなくなりました!





さてさて、『チャーシューメン』 のスープがすごくおいしかったから気に入ったし、メニュー表を見ていたら、他にも食べてみたいものが幾つもあったから、また女川町へ行くことがあれば、次も 「金華楼」 で食事をしたいと思います!

ちなみに、食べてみたいメニューっていうのは、チャーハン、あんかけ焼きそば、麻婆豆腐ラーメン、広東麺、女川カレー使用カレーライスなどです。 ・・・けっこうあるんです(笑)。 1度じゃ済まないですね(笑)。

食べたらまたこのブログに書きます!




(画像保存品質 90)

[備考] 場所: 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字女川292
・休業日以外にも、週末や地元のイベント開催日など観光客の多い日でも 「本日貸切」 となっていて食事できない日がある。

参考地図: 金華楼



この記事へのコメント

  • kankyo

    シーパルピア女川というのですね。
    一昨年くらいに震災後の女川にいき、まだ盛土だけの駅前をみて。
    その後数回いったのですが、だんだんと施設の建設がすすみ。
    仙台から北海道に引っ越してしまい、その後みにいけず。
    でもちょっと気になっていました。
    2年前の女川ポスター展にあったかもと思いググってみたら、
    「味に自身、おれ独身」、ありました金華楼さん。
    みたら思い出しました。あのポスター展は逸品ぞろいだったと思います。

    2017年03月29日 00:53
  • 与平

    kankyoさん

    確か、シーパルピア女川がオープンしたのは、2015年12月だったと思います。
    kankyoさんはその少し前頃に、北海道へ移られてしまったのでしょうね。

    オープン後も店が少しずつ増え、シーパルピア女川は現在、立派な観光通りなっています。
    女川町の復興のスピードは、本当にすごいです!

    ポスター展は、僕もよく覚えています!
    キャッチコピーだったりその写真だったり、本当におもしろいものが揃っていましたよね。
    僕も名作揃い!だと思いました。
    「味に自信、おれ独身」のポスターも見た記憶あります!
    金華楼のだったんですね(笑)。
    2017年03月30日 23:55

この記事へのトラックバック