鹿島天足別神社、大郷町


01
11 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
鹿島天足別神社、参道入口の鳥居
(宮城県・大郷町/2018年9月撮影)















02
12 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
参道の石階段





03
13 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
鹿島天足別神社・拝殿





04
14 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
アカガシの木





05
15 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
亀石





06
16 96 鹿島天足別神社(大亀明神)、亀石、宮城県大郷町、大亀山森林公園、画像.jpg
社殿の隣にある神楽殿と社務所がいっしょになった建物









【 宮城県・大郷町 / 2018年9月 】


このあいだ、大郷町(おおさとちょう)の「大亀山(おおかめやま)森林公園」にある『鹿島 天足別 神社(かしま あまたりわけ じんじゃ)』に行きました。

「大亀山森林公園」には、展望台に上って風景を眺めたり、森林浴や植物観賞をしに何度か行ったことがあるんですが、『鹿島天足別神社』には初めて入りました。



道路沿いに建つ参道入口の鳥居をくぐると、その先は、―――長くて急な上りの石階段。(画像01・02)

見上げたかんじ、建物だったら5、6階分ありそう。

周りは杉林、積まれた階段の石は荒々しく、眺めるぶんには古道のような風情があってとてもいいんだけど、これから上るんだと思うと気が重い・・・。




階段を上り切ると、上には社殿があり、その前にはしめ縄をされた木がありました。(画像03・04)

宮城県の天然記念物、樹齢500~600年のアカガシという木だそうです。




社殿の隣には、しめ縄のされた大きな石がありました。(画像05)

上る前に鳥居のそばにあった案内板に、神社のかたわらに大亀(おおかめ)と呼ばれる神社名と村名になった亀の形に似た大石である「亀石」があると書いてあったんですが、これがその「亀石」のようです。

なぜ「大亀山森林公園」という名前かなんて考えたことなかったけど、ここが「大亀」という山で、その「大亀」の由来がこの「亀石」なんだと初めて知りました。

いろいろ知ってから眺めたせいかもしれませんが―――、「亀石」には強い存在感と生命感がありました。



あとからネットで拾った情報だと、2011年3月11日発生の東日本大震災では、「鹿島天足別神社」にも地震の被害があったそうです。

「亀石」は大きく傾いてしまったそうですが、その後復旧され、現在は震災前と同じ状態に戻してあるそうです。

鳥居も支柱を残して崩れたそうですが、震災後、建て直されたようです。




この記事へのコメント