稲ヶ崎公園、宮戸


01
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

稲ヶ崎公園からの眺め
(宮城県東松島市、2017年6月撮影)















【 宮城県東松島市、2017年6月 】

このあいだ宮戸に行ったとき、久しぶりに 「稲ヶ崎公園」 を歩きました。

「稲ヶ崎公園」 は、月浜のすぐそばにある、すこし高台になった小さな岬です。

僕は、東日本大震災のあと月浜には何度か行っているけど、「稲ヶ崎公園」 には行っていません。

前に行ったのは2009年だったから、これが8年ぶりでした。




「稲ヶ崎公園」 の入口から、岬の先端辺りにある四阿までは200メートルくらい。

最初は階段と登り坂だけど、あとはほぼ平ら。

震災で岬の側面がすこし崩れた場所はあったけど、岬の上を歩いている分には、昔と変わりありませんでした。

四阿のところでは、足元には緑の芝、頭上には青空が広がり、晴れ晴れとした気分になれて、すごく気持ちが良かったです。

見晴らしがいい場所なので、海や海岸のいい風景が眺められました。







02
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園入口あたり]
震災前は民家が建ち並んでいた場所なので、今は全く違うようすの場所です。 画像中央に写っているのが、次の画像(画像03)の場所です。





03
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園入口]






04
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園]






05
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園からの眺め]






06
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園からの眺め]






07
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園からの眺め]






08
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[飛んでいたヘリコプター]
東松島市の海の辺りでよくヘリコプターが飛んでいますよね。 近くを飛んでいたので望遠レンズで撮ってみたら、木みたいなものを吊るして運んでいました。





09
稲ヶ崎公園、月浜、宮城県東松島市宮戸、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平
[稲ヶ崎公園にあった案内板の絵]
四阿のところに案内板があって、それには、「稲ヶ崎」 というこの場所の由来の話が書いてありました。 以下がその話の文章です。

稲ヶ崎公園

 むかし、むかし、宮戸はまわりを海に囲まれた島なので、土地がせまく、田んぼを作るところが少なかったのです。
 そこで、月浜の人びとは海にうかぶ島に田んぼを作りました。しかし風がふいたり、波が高くなると舟を出せず、田んぼの様子を見にいくことができませんでした。
 村人たちは、「ああ、今日も風が強い、なじょすっぺ!」となやむ日が続いていました。
 舟を使わないで、田んぼの様子を見る方法をみんなで話し合いました。
 するとひとりの村人が「あのみさきから田んぼがみえないかなあ」といいました。みんなでその岬に行くと、そこからは黄金に輝く田んぼがはっきりと見えました。村人たちは、この岬を『稲を見る岬“稲ヶ崎”』と呼ぶようになりました。

なお、文中にある 「なじょすっぺ」 と言う言葉は方言で、共通語だと 「どうしよう」 みたいな意味です(笑)。

稲ヶ崎には、こういった由来のお話しがあったんですね。








[備考] 稲ヶ崎公園 / 場所: 宮城県東松島市宮戸月浜田

参考地図: 稲ヶ崎公園
(地図貼付、2017年6月、以降の地図側の変更には対応していません。)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451505754
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック