田尻どんと祭、大崎市


01
01 96 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
田尻どんと祭
役目を終えて御神火で焚かれるダルマ
(宮城県大崎市/2019年1月14日)
DONTO SAI











02
02 94 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
御神火、田尻どんと祭




03
03 94 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
神棚、田尻どんと祭




04
04 94 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
裸参り、田尻どんと祭




05
05 94 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
裸参り、田尻どんと祭




06
06 94 田尻どんと祭、宮城県大崎市、画像、Tanji.jpg
夜店のようす、田尻どんと祭





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





【 宮城県大崎市 】


2019年1月14日、「田尻どんと祭(たじりどんとさい)」を見に行ってきました!

”どんと祭”っていうのは毎年1月14日に宮城県全域でやっている小正月行事です。

正月飾りや神棚に置いていた物などを神社境内で焚き上げ、御神火と呼ばれるその火にあたって体を清め、今年の無病息災を願うものです。

僕は行事見物が好きだから、毎年この日、宮城県内のいろんな地域の”どんと祭”を見に行っています。

地域ごとにけっこう違いがあって、火入れ行事はどんなふうか、裸参りはやっているのか、全体的にどんな風景かなどを実際に見ることがおもしろいです。

ネットで開催場所はあるていど知ることができるけど、細かい内容や行事風景はさっぱりわからないし、どれも古い情報の転写のくり返しばかりなので、けっきょくのところ、どんなふうか興味があったら自分で見に行くしかないんです。



「田尻どんと祭」を行う場所は、田尻駅の近く、「田尻総合運動場」という場所にあるグラウンドでした。

僕は田尻にも何度か行ったことがあるけど、県道15号からちょっと裏に入ったところに、こういった広いグラウンドや体育館という施設があるとは知りませんでした!

今回は暗くてよくわからなかったから、また明るいときにでも、田尻を訪れたときにデジカメ片手に探さくしてみようかな。

夜店が10軒くらい出ていて、寒いなかおいしそうに湯気をのぼらせて、温かいそば・うどん、焼きそば、お好み焼き、から揚げなどが売られていました。

あと、田尻の名物「すずかけ餃子」もキッチンカーを出していました!

僕はこのあとに行く次の目的地で買い食いをする予定があったから何も買わなかったけど、本当はいろいろ食べたかった(汗)。



夕方5時半、宮司さんによる開始の行事、関係者の挨拶があって、そのあと火入れが行われました。

松明などで火入れを行うところもあるけど、ここではライター。

「裸参り」は「田尻どんと祭」でも行われていて、夕方6時頃、出発地点はわからなかったけど、50人ほどの「裸参り」の一行がやってきて、御神火を3周し、神棚で宮司さんの神事を受けていました。

僕がすべて知らないだけで、「裸参り」は県内のいろんな地域で行われているんですね。



「裸参り」というのは、寒いなかさらし姿で神社へ向かって歩き、御神火を周り、神前で神事を受けて身を清めるものです。

厄年の人、一年の始まりに身を清めたい人、文化を体験したい人などが行います。

最近は仙台の方じゃ、外国人の参加者もよく見かけます。



「田尻どんと祭」をやっていた場所には神社の建物などはなくて、どこかの神社から出張で置かれていると思われる神棚と仮設の鳥居で行事が行われていました。

―――あとからふと思ったんだけど、どこの神社の「どんと祭」だったんだろう?

誰か地元の人に聞いてくればよかったな・・・。

その神社にも一度行ってみたいですし。




※2019年1月からブログ管理人の名前を「与平」から「Tanji(タンジ)」に変えました。



(画像保存設定/ 01:96、02~06:94)

場所: 田尻総合体育館グラウンド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネコと歩けば ニッポンの猫写真集 [ 岩合光昭 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/2/4時点)

この記事へのコメント