勝負の神!「羽生結弦」選手ゆかりの秋保神社に行ってきました


01
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
秋保神社
(宮城県仙台市/2018年2月撮影)















02
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[秋保神社・社殿]






03
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[秋保神社・社殿]






04
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[来社された著名な方々]
社殿前には「来社された著名な方々」を紹介したパネルがありました。 “勝負の神”の「秋保神社」には、羽生選手だけじゃなく、有名なスポーツ選手などがたくさん訪れているようです。





05
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[秋保神社・境内の幟]
境内にならぶ白い幟。





06
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[境内の幟]
「羽生結弦選手平昌オリンピック金メダル必勝祈願」と書かれた幟。 羽生選手のことを祈願する幟がたくさんありました。





07
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[神社境内の幟]
「羽生結弦選手の健康とオリンピック金メダル祈願」と書かれた幟。





08
秋保神社、羽生結弦、宮城県仙台市太白区、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ
[絵馬掛けの絵馬]
ほとんどの絵馬に羽生選手の名前がありました。








【 宮城県仙台市、2018年2月 】

羽生結弦選手が「2018年平昌オリンピック」のフィギュアスケート男子シングルで、2大会連続の金メダルに輝いた2月17日の数日後、僕は、羽生選手に縁があるという宮城県仙台市太白区(たいはくく)にある「秋保神社(あきうじんじゃ)」に行ってきました!

“勝負の神”の神社だそうです。

ネットニュースなどで知った話だと――――――「秋保神社」の宮司さんが、東日本大震災の復興行事で羽生選手と会い、その後、2014年ソチオリンピックのときに神社のお守りを贈ったところ、その大会で金メダルを獲った羽生選手自身が、神社にお礼参りに訪れた――――――というつながりがあるそうです。

「秋保神社」があるのは、全国的に有名な秋保温泉(あきうおんせん)より、もう少し山の方に行った県道62号沿い。

僕はたまに秋保の方へ車で出かけるから、神社の前は何度も通ったことがあるけど、参拝したのは初めてです。




神社の境内に入ってまず驚いたのは、―――無数に立つ白い幟(のぼり)の光景!

いろんな神社に行ったけど、こういった光景は初めて見ました。

いったい何本あるんだろう!?―――と一瞬興味を持ったけど、見回した途端、あまりの多さに数える気は失せました(笑)。

幟は、祈願する人が幟の初穂料を納めると、神社で立てる物のようで、“勝負の神”という大きな文字とともに、それぞれの祈願が書いてありました。

それを見て、さらに驚きました!

境内に立つ幟の半分以上が、羽生選手の「2018年平昌オリンピック」での活躍や、怪我からの回復を祈願したものなんです。

「羽生結弦選手」という名前とともに「必勝祈願」、「平昌五輪金メダル」、「2連覇」といった祈願の言葉が書いてありました。

そして絵馬掛けの絵馬も、ふつうの神社では見かけないほどたくさんあり、それも半分以上が羽生選手のための願い事でした。




この神社まで足をはこび、自分のことじゃなく、羽生選手のことをお願いしてゆく人が、こんなにたくさんいるんですね。

羽生選手を応援する人たちの思いの深さが伝わってきて、感激しました。

人気があるなんてもんじゃなく、本当に愛されている人なんだと知りました。




ところで!

「2018年平昌オリンピック」の直後に宮城県知事と仙台市長がやると言っていた羽生選手の仙台凱旋パレード!ですが、どうやら来月やるようです!

宮城県のローカルニュースで知った話ですが、4月22日(日)を軸に開催日を調整しているんだとか。

仙台中心部にある東二番町通りでやるようです。

「2014年ソチオリンピック」後に行った仙台凱旋パレードは、人出が9万人だったそうで、“V2フィーバー”の今回はもっと増え、人出は10万人を超えるだろうと言われています。

すごいですね――――――。

ただ、仙台の街に、10万人なんて入りませんよ・・・(汗)。




僕は見に行くつもりだから、楽しみです。








この記事へのコメント