新城館跡、石巻市


01
01 94  新城館(駒立館)跡、宮城県石巻市北村、画像.jpg
「新城館(駒立館)跡」の案内板
(宮城県石巻市/2018年11月撮影)











02
02 94 新城館(駒立館)跡、宮城県石巻市北村、画像.jpg
「新城館(駒立館)跡」
道路の右側に写っている白い看板が、画像01にも写っている「新城館(駒立館)跡」の案内板。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




【 宮城県石巻市 / 2018年11月 】


とある日、車で旭山へ行った帰り道、気まぐれに適当な道を選んで走っていたら、道端に、なにかの案内板を見つけました。

北村という地名で、高福寺というお寺の近く。

林を通る、細い道でした。



案内板によれば、「新城館(駒立館)跡」という場所だそうです。

(現地案内板より)
新城館(駒立館)跡  河南町北村字高寺

 河南町十二ヶ城の一つ。
 延歴、大同年間(西暦780~806)坂上田村麻呂が箟岳丸及びここに住む鬼神大納言征討の折に駒を停め形勢を展望した所で、後に新城を築き敵に備えたことから「新城館」または「駒立館」と伝えられる。
 一説には、文禄年間(400年程前)新庄次郎左衛門が移住したので「新庄城」とも呼ばれる。
 城館は天□の要害で切り立つ絶壁上に構えられ、東西20米、南北100米の平場が城址で、更に東に延びる東西70米、南北15米ほどの平場と東西の窪地などから城郭が構成されていたと伝わる。
(□ のところはパソコンで出せなかった文字です。)





奈良時代の終わりから平安時代の初めにかけて、「河南町十二ヶ城」と呼ばれる城の一つがあった場所みたいです。

蝦夷征討で、坂之上田村麻呂が訪れている場所だとも伝わっているようです。

案内板がひとつあるだけで、他に見るものは見当たりませんでした。



この案内板で初めて知ったんですが、「河南町十二ヶ城」という言葉があるんですね。

そもそも僕はそういったことに詳しくないけど、これまで聞いたことがありません。

「新城館(駒立館)跡」のある北村は、今は石巻市だけど、合併前は河南町。

河南町には12か所の城があったってことなのかな?



ネットでちょっと検索してみたけれど、「河南町十二ヶ城」という言葉は、なにも検索されませんでした。

これ以上詳しく調べる気はないけど、もしかしたら、この辺りにまつわることでまた聞くことがあるかも知れないから、「河南町十二ヶ城」という言葉はいちおう覚えておこうかな。




追伸
2019年1月1日からブログ管理人の名前を「与平」から「Tanji」に変えました。



(画像保存設定: 94)



この記事へのコメント