2016年04月04日

ただの仙台人雑記 (2016年4月4日)




こんばんは、与平です。

2016年4月4日に思ったこと書いた、ただの雑記です。












宮城県の桜の満開の雑記――――――――――――

今春の仙台の桜の満開予定日は、4月7日だそうです。

あと3日後!

おとといは、仙台市青葉区にある楽天イーグルスのホーム球場 「コボスタ」 で、一部の桜はすでに満開を迎えたなんて言う話題も聞きました。

仙台の桜の満開は、本当にすぐそこまで来ています。

その4月7日当日なんですが、今のところ、天気予報では仙台は雨。

よく桜と雨にまつわる話で、桜の花がツボミのときは、雨が降るとツボミの開花を早めると聞き、一方、桜の花が開花したあとは、雨が降ると花が散るのを早めると聞きます。

開花してからの雨は、花散らしの雨なんて呼ばれますからね。

満開予定の日が雨の場合、はたしてどっちの雨なんでしょうね?

・・・とりあえず、その日は、お花見日和じゃなさそうだってことだけは分かります(笑)。




宮城県南部にある白石市(しろいしし)の桜名所 「益岡公園(ますおか こうえん)」 では、桜はすでに満開を迎えたそうです。

さっき地方局の夕方のニュース番組でそう言っていました。

そして 「益岡公園」 が満開になると、その一週間後に大河原の桜が満開になるといわれているそうです。

大河原のどこの桜なのか、具体的な場所は言いませんでしたが、大河原のことなので、きっと大河原の一目千本桜のことを言っているんでしょうね。

でも今春は、どこも満開に向かうのが早足だから、言われているほどの日数はかからないかも知れませんね。

僕は大河原の一目千本桜をほぼ毎年見に行っていて、今春も見に行くつもりだから、ここの満開情報に目を光らせているところです!(笑)

もし見に行ったときは、咲き具合をツイートしますね。




仙台うみの杜水族館の雑記――――――――――――

これもさっき地方局の夕方のニュース番組で見たことなんですが、仙台市宮城野区にある昨年7月にオープンした 「仙台うみの杜水族館」 の入場者数が、すこし前に、150万人を超えたんだそうです。

100万人の目標だったところが、その1.5倍の150万人越えだって言うんだからすごいですよね。
(いつまでの期間の話かまでは、ちょっと分かりません・・・。)

僕なんか、年間パスポートを買い、すでに何度も足を運んでいます。

けっして規模の大きな水族館じゃありませんが、仙台の身の丈に合っているというか、宮城県民にとって、とても馴染みやすいサイズの水族館ですよね。

よく、知人の口からも、たまたま立ち聞きする他人の口からも、「松島水族館(2015年5月閉館)と大きさあんまり変わらない、ただ新しくなっただけ」 というセリフを何度か聞いていますが、僕にとってこのセリフは、なんだか言い得て妙な、宮城県民にとっての水族館にぴったりだと言っている、誉め言葉のような気がします(笑)。








posted by 与平 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台人雑記帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436203578
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック