「日本の神社」、鹽竈神社の第97号を取り寄せてます [仙台人雑記]



こんばんは。

2日前にツイッターでもちょこっと書いたんですが、現在デアゴスティーニで出版している 「日本の神社」 という分冊百科があって、それの今号(第97号)がメインで取りあげている神社が、わが宮城県にある 「志波彦神社(しわひこじんじゃ)」 と 「鹽竈神社(しおがまじんじゃ)」 なんです!

分冊百科っていうのは、ひとつの分野や趣味のジャンルをテーマにした内容のを、週1ペースで発刊していゆくシリーズもののやつです。(よく分からないですよね・・・、説明ベタですみません(汗))













「日本の神社」 は、最初1、2号くらいまで出したのち、突如おとさたのなくなったときがあった頃から、僕が気にしていたシリーズです!

全号をそろえる能力は僕にはとうてないけど(笑)、もし宮城県の神社が取りあげられたときは買おう!と決めていました。




そして今よりしばし前、出版社が 「鹽竈神社」 のことを調べたり、素材を集めているという話を、ネット上もふくめ、2度ばかり小耳に挟みました!

んん!!これはもしや!!――――――と思っていたんです(笑)。

そのあと、「志波彦神社」 と 「鹽竈神社」 が第97号で取りあげられることが分かり、その前号には “第97号は12月8日発売” と書いてあったから、その日に忘れずに買うつもりでしました!




・・・まあ、なんだかんだでうっかりしてて、買い忘れたわけですが(笑)、発売日の2日後に思い出し、慌てて本屋に行ったところ、置いてありませんでした。

店員さんに聞いたら、「売り切れました、取り寄せになります」 って言われるんです。

3店回ったけど置いてなくて、どの店で聞いても同じようなこたえ。

「こりゃ、今号は県内の神社なだけあって、突発的に売れてるか!?」
なんて思いました。

――――――まあ、ない話じゃない。




ところが、また今日、通りがかった本屋で店員さんに聞いてみたら、その店員さんが親切熱心な人で、さらっとこたえるだけじゃなく、なぜ置いてないのかまで、丁寧に調べてくれたんです。

そしたら、その本屋さんでは、店頭での定期購読を申し込んでいる人の分以外は、入荷してこないようになっていることが分かったんです。

何冊もつづいている分冊百科の第97号ですからね、そうなっているのも分かりますよね。

――――――とすると、これまで探し回ってきた本屋でも、きっとそうだったのでしょうね。

売切れじゃなく、そもそも未入荷・・・。




けっきょくは、その店員さんの本屋で、「志波彦神社」 と 「鹽竈神社」 を取り上げている 「日本の神社」 の第97号の取り寄せを、お願いしてきました。

今は本屋から入荷の連絡がくるのを待っているところです。

ちなみに、デアゴスティーニのオフィシャルサイトでは、「日本の神社」 のネット販売のほか、デジタル版の販売もしているようです。




本を入手したら、またブログに書きます!

画像は表紙くらいしかのせれないので、たぶん、どんなかんじでのってるかといった、ざっくりとした説明しかできませんけどね(汗)。

このブログの応援クリック!or
タップ!おねがいしまーす!(管理人より^^)
↓ ↓ ↓








  LAWSONほっとステーション

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431059815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック