地下鉄さんぽ「仙台市地下鉄東西線」 第1歩


01
Sendai Station
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg

[仙台駅と仙台駅前]
(宮城県仙台市/2015年12月撮影)
画像右の横に長~い建物が仙台駅。 ここらへんが
いわゆる仙台駅西口と呼ばれるあたり。














2015年12月6日に開業した 「仙台市地下鉄東西線」。

仙台に2本目となる新しい地下鉄ができました!

新しい地下鉄って、なんだかわくわくしますね。

地下の線路はどこを通っているのか、列車の乗り心地はどうなのか、それぞれの駅はどういったようすなのか、興味のわくことばかりです。

僕は、開業から数日後、840円の一日乗車券買って、全駅制覇をめざして乗車してきました!













ところで、前にこのブログで書いたことなんですが、開業前に開催された 「市民試乗会」 というので、僕は一度、この地下鉄に乗っています。

ですが、そのときは、仙台駅内の決められた通路を通って地下鉄に乗り、東西両端の駅の間を地下鉄に乗って往復しただけだったので、車両の乗り心地は楽しめましたが、各駅のようすなどはさっぱり分かりませんでした。

ということで、僕がじっくりと仙台地下鉄東西線を見て回るのは、これが初めてになるんです。




新地下鉄の「仙台市地下鉄東西線」。 開業がずっと待ち遠しくて、新地下鉄はどんなのか見て歩くのを、すごく楽しみにしていました!

仙台の歴史が新しく刻まれた瞬間! それを体感できるのは、今このときに、仙台に居てこその喜びですよね。

この日にした新地下鉄探険!を “地下鉄さんぽ” と題して、今回の記事から何回かに分けて、このブログに書いてゆこう思います。

まあ、あらかじめ断っておくと、僕には鉄道の知識はまったくないので、そういった専門的な話題いっさい出てきません(汗)。 あしからず。

駅はどこにあったとか、駅内の雰囲気はどうだったとか、そんな、見れば誰だって分かるような話題ばかりになると思います・・・(笑)。

でも画像だけはいっぱい撮ってきたので、どうぞご覧ください!




仙台市地下鉄東西線のおおまかな路線図を以下に書いてみました。
(ちょっと見づらいかな(汗))



――――――――――――――――――――
路線図・仙台市地下鉄東西線
:今回の「地下鉄さんぽ」の駅
――――――――――――――――――――


[八木山動物公園駅]
(西・終点)
||
[青葉山駅]
||
[川内駅]
||
[国際センター駅]
||
[大町西公園駅]
||
[青葉通駅]
||
[仙台駅]
||
[宮城野通駅]
||
[連坊駅]
||
[薬師堂駅]
||
[卸町駅]
||
[六丁の目駅]
||
[荒井駅]
(東・終点)









~~~~~ 【 仙台駅 】 ~~~~~


“地下鉄さんぽ” を開始したのは 「仙台駅」!

「仙台駅」 を中心に海側の東方向へ6駅、内陸側の西方向へ6駅のびる 「仙台市地下鉄東西線」 だから、やっぱりここから始めた方が、より盛大さのある探険になると思ったんです(笑)。

「仙台市地下鉄東西線」 の 「仙台駅」 は、もちろん地下にあるので、外である地上からは見えません!

そして、その位置は、地上3階建てで3階に新幹線駅のある駅舎の真下にある訳じゃなく、すこし青葉通り方面へずれた所の地中に、この地下鉄の駅やホームはあります。

僕は、人知れず駅舎をスタート地点にし、地下鉄ホームを目指して歩き始めました!




02
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[仙台駅の駅舎にあった地下鉄の図]

これには地下鉄までの通路や、新しくできた 「仙台市地下鉄東西線」 のホーム、以前からあった 「仙台市地下鉄南北線」 のホームが、しっかりと立体地図化されていました。

この地図の設置場所は、2階にある鉄道と観光の案内所のすぐ脇にある下り階段の前です。

でも、これ見ても、わけわからないですよね・・・。 仙台人の僕でも、これ見た瞬間にパッ!と分かったりしませんから・・・(汗)。 ――――――あれがこうなって、ここがこうだから、っていう具合で確認しています(笑)。

とは言え、地下鉄の仙台駅内を示すのは、これが一番すぐれた立体地図だと思います。 各地下階の形も違うし、階段だってあっちこっちにバラバラの長さで付いているんだから、これ以上見やすくもできないんでしょうね。 (・・・納得です。)




03
100.jpg
[仙台駅西口中央地下歩道(出入口)]

仙台駅を観光案内所の横の階段で2階から1階におりて西口を出ると、すぐ目の前にある地下の出入口。 エスパルの前。 この出入口の階段を下ると 「仙台駅西口中央地下歩道」 っていうのに行くんです。

――――――まあ、行ったことない人は、僕のこんな説明じゃ訳がわからないですよね・・・。 こんなのがあるってことで見てください(汗)。



04
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[仙台駅舎から地下鉄駅に向かうコンコース]

さっき(画像3)の出入口の階段(&エスカレーター)を下るとここに出て、少し先に、地下鉄の 「東改札」 に行く下りエスカレーターが見えました。

サンドウィッチマンさんの広告パネルを撮りたかったわけじゃなく、この仙台駅西口地下歩道を撮りたかったんです!(笑) でもまあ、サンドウィッチマンさんが写っている風景も、いまや、仙台っぽい風景の一部なんですけどね(笑)。




05
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[地下鉄・東改札]

この改札からがいよいよ本当の “地下鉄さんぽ” のはじまり! 自動券売機やら改札やらを見て、これから楽しみにしていた探険が始まるんだ!と、すごくわくわくしました。 ただ電車に乗るだけだっていうのに、しかも車窓なんてない 「地下鉄」 だっていうのに、「“新” 地下鉄」 だと思うと、こんなにも嬉しくなるものなんですね!(笑)。

まずは、画像右の自動券売機で840円の一日乗車券を買って、東改札をくぐりました。

このフロアは、仙台駅西口中央地下歩道の地上出入口から階段で1つ下がって仙台駅西口地下歩道をすこし歩いて、エスカレーターでもう1つ下がったところ、つまり2段階下がったところなんですが、地下鉄の仙台駅としては、このフロアが地下1階となるようなんです。

画像2 にあるように、地下鉄の仙台駅は地下4階まであるようです。 地下1階が、改札4カ所があって、地上出入口につながる階、地下2階が、それぞれ別の階にある 「仙台市地下鉄南北線」 と 「仙台市地下鉄東西線」 を乗り換えるときに改札を通過せず通ることができる通路として使われる階、地下3階が、ホームが南北方向に延びる 「仙台市地下鉄南北線」 のホーム、地下4階が、それと十字に立体交差してホームが東西方向に延びる 「仙台市地下鉄東西線」 のホーム。

僕は自分で各階の説明をしておきながらも、正直、「頭んなかは、ついていけません」 ってかんじです・・・(笑)。
・・・だって、地下4階構造って。 仙台の地下がいつかそうなるなんてつもりで仙台人やってませでしたから(笑)。




06
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・エスカレーターの壁面の絵・ホーム・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[ホームに降りるエスカレーターの壁面の絵]

東改札を通ってから、「仙台市地下鉄東西線」 のホームへ下るエスカレーターで撮った画像です。 この壁面には、仙台のハイライトといった風景が描かれていました。

中央の一番大きな絵が、仙台城址本丸跡にある伊達政宗(公)騎馬像とそこからの仙台城下の景色。 左の絵が、仙台七夕。 右の絵が、SENDAI光のページェント。




07
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・エスカレーターの壁面の絵・ホーム・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[仙台市地下鉄東西線・仙台駅ホーム]

ホームを見た感想!っていうのがすごく難しくて書けません・・・。 こういったようすのホームでした(汗)。 やっぱり真新しくて、綺麗でした。 ホームと線路の間は、ぜんぶホームドアで仕切られていました。

画像の左に写っているスズメの書いてある緑色の広告は、仙台のバスと地下鉄で使える 「icsca(イクスカ)」 の広告です。 仙台のいわゆるローカルなICカードタイプの乗車券。

じつは、開業当初の今はまだ、スイカは使えないんです・・・。 小耳に挟んだ話なので確証はないんですが、スイカは、来年の春頃から対応するようになるらしいです。

この日も改札では、スイカが使えると思っていた人が通れなくて驚いているようすを、ちょくちょく見かけました。




08
仙台市地下鉄東西線・仙台駅・エスカレーターの壁面の絵・ホーム・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・http://senndai-tabi.seesaa.net/・与平・jpg
[もう1つの地下鉄と立体交差している部分の天井]

前に 「市民試乗会」 のときにも一度、記事内で取り上げた場所なんですが、ここは、「仙台市地下鉄東西線」 と 「仙台地下鉄南北線」 の線路が立体交差している部分です。

画像が分かりづらくてホント申し訳ないんですが、右に写っている線路の天井は、手前側は高いんですが、手前から奥へと見て行くと、急に天井が低くなっている部分があるんです。 ちょうど線路側の壁面に白い広告パネルがあるところの天井部分からです。 で、画像では分かりませんが、奥に行くとまた天井は高くなるんです。

低くなっているところは、上を 「仙台市地下鉄南北線」 の線路が、上を横切るように通っているらしいのです。 この部分で2つの地下鉄の線路が立体交差しているという、仙台駅ホームのひとつの見どころです。 おもしろいですね。





長くなったから今回はこのへんで。 ――――――次回は 「宮城野通駅」 です。



つづきの記事 『地下鉄さんぽ 「仙台市地下鉄東西線」 第2歩』 はこちら





この記事へのコメント

  • ひまわり

    与平さんこんばんは、東西線の仙台駅は地下鉄南北線の下を走っているので
    あの長いエスカレーターを見ると、新幹線、上野駅のエスカレーター
    思い出しますね、私も次は1日乗車券利用して鉄乗り楽しみたいと
    思います。
    2015年12月23日 16:35
  • 与平

    ひまわりさん

    こんばんは^^

    上野駅のエスカレータには乗ったことないですが、仙台では長いエスカレーターは珍しいから、新地下鉄とともに、長いエスカレーターのある駅は、しばらくの間は目新しい光景として楽しまれるでしょうね!

    地下鉄散歩はすごくおもしろかったですよ!
    やっぱり今が、一番新鮮さを楽しめるときですよね^^
    でもけっこう疲れるもので、くたくたになりました・・・(笑)。
    2015年12月23日 18:16
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430996636
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック