金蛇水神社前の「水神そば」



水神そば・金蛇水神社前・ざるそば・宮城県岩沼市・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

「水神そば」 の 『ざるそば・大盛り』 (宮城県岩沼市/2015年10月撮影)















2015年10月、岩沼市にある 「金蛇水神社」 に行ったとき、その鳥居前にある 「水神そば」 という食事処でそばを食べました。

神社の駐車場と、境内の間にこの店はあって、車から歩いて神社に向かうときに店先を通ったら、店主が一生懸命にそばを打っている姿が、窓越しに見えたんです。

変なふうに聞こえるかも知れませんが、
――――――そば好きにはたまらない、よだれの出るシュチュエーション(笑)。

それを見たら、そばを食べたくなってしまい、神社の帰りに立ち寄りました。




時季によって、メニューがかわるらしいんですが、このときは、「ざるそば」 と 「かけうどん」(どちらもうどんもあり)が主体になっていて、それにどういった天ぷらを付けるかで、メニューの種類が分かれていました。

初めて食べる店だし、とにかく、そばを口に掻き込みたかったから、天ぷらも何も付いていない 「ざるそば」(750円)を大盛り(プラス300円)で頼みました。

そばは大崎市産(おおさきし/宮城県中部)のを使っているそうです。

二八そばらしいんですが、けっこうコシがあり、とてもおいしいそばでした。

噛んだときの歯ざわりが、ツルツルじゃなく、じゃっかんザラザラしているところが、またたまらなく良いところでした。

あえて言うことは、そばの香りがもっと強いと僕には嬉しいかなということくらいです。

ここはそば湯も最高でした。

トロッとして甘味があるなかにそばの香りが立っていて、いつまでもすすりつづけていたいくらい、とてもおいしかったです。




この日は神社がお祭りだったから、店は混んでいたんですが、何度か来ているふうの客がメニューも見ずに慣れた感じで注文したら、「メニューが変わって今はやっていないんです」 と断れていたり、「新そばになったらおいしくなった」 と喋っていた客もいたので、さっきも書いたように、時季などによってメニューが変わったり、味にもばらつきがある店なのかなと、少々思いました。

なんにせよ、ここがそば屋に変わってくれて、「金蛇水神社」 に行くときの楽しみが増えたので、僕にとっては嬉しいです。

前の店のときは、今とぜんぜん違っていて、けっこう簡素な食事処でしたから。




次に 「水神そば」 に食べに行くときは、天ぷら付いたメニューを食べてみようかな!

 Click!でこのブログの応援よろしくお願いしまーす!


この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428355666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック