朝日山公園さんぽ


01
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

朝日山公園の風景 (宮城県岩沼市/2015年10月撮影)

園内で見つけた桜です。 秋だから、色のかすれた葉が付いているだけでしたが、とても絵になる桜でした。 花の咲いているときに見たら、どれほど綺麗なことか。 次の春、必ず見に行きます。







画像 : 宮城県岩沼市「朝日山公園」








02
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

「朝日山公園」 の 『展望台』、および 『白山古墳』 の場所。 見晴らしは利かず、周りは見渡せませんでした。 園内をウォーキングする人が、ちょっとひと休みしてゆくような場所でした。




03
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

『白山古墳』 にあったほこらと、祀られている木彫りの観音像。




04
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

園内の 『展望台』 とは別の場所にある、見晴らしのいい場所。 遊歩道わきの高くなったところに上がってみたら、こんなにいい眺めの場所がありました。 自分で見つけた展望台です!(笑)
太平洋があるのは公園から真東の方向で、この眺めは南東の方向です。 おおまかに海の方といった眺めです。 さほど高い場所じゃないんですが、宮城県内で、山が写らず、こういった平野の広がっている眺めと
言うのも、なかなか珍しく、おもしろい場所じゃないかと思います。




05
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

園内の野球場。
遊歩道からそれて、草の踏まれた細道を歩いてみたら、こんな見晴らしのいい場所に出ました。




06
朝日山公園・岩沼市・白山古墳・展望台・宮城県・Iwanuma・Miyagi・asahiyamapark・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

久板栄二郎(ひさかたえいじろう)文学碑。 故・久板栄二郎さん(1898-1976)は、岩沼市出身で、昭和に活躍した劇作家、映画脚本家の方だそうです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~








2015年10月。

岩沼市(いわぬまし)のある神社へ出かけた帰り、同市にある、「朝日山公園(あさひやま こうえん)」 に立ち寄りました。

名取高校(なとり こうこう)のそばにある広い公園で、園内には、子どもたちの遊ぶ屋外遊具がある広場や、ハクチョウやマガンも訪れる大きな池があります。

これまでも、車で岩沼市方面へ行ったときなんかに、2、3度ぷらっと立ち寄ったことはあったんですが、園内をちゃんと歩いたことはなかったので、今回は時間もあったし、天気も良かったから、ちょっと散歩をしてきました。




園内地図の立て看板に、『展望台』 という場所を見つけ、興味をそそられたから行ってみると、ちょっと登ったところに四阿(しあ/=あずまや)の建つ、展望台っぽくなった場所がありました。

けどその場所というのは、周囲をすっかり木々に囲まれていて、眺めたるものが、なにもありませんでした。

・・・がっかり。

もしかしたら、この展望台という場所は、
――――――けっこう昔からあって、もともとは、見晴らしの利く場所だったんだけど、年月の経過で、周りの木々が伸びてしまい、眺めをさえぎられてしまった
なんていう、古い展望台にありがちな場所なのかも知れませんね。

それか、もとから冬の間だけ、葉っぱの落ちた木々のすき間から、遠くを眺めていたのかな・・・(汗)。




四阿のすぐ横には白い木柱が立ててあって、黒字で 『白山古墳』 と書いてありました。

確かに登るとき、地形が円形のような、すこし整った形をしているの気づいて、
「岩沼市にもあっちこっちに古墳があるみたいだから、ここも円形古墳だったり、 前方後円墳の円のあたりだったりするかもな、あんま登りたくないな・・・」
なんて思ったんです(笑)。

思った通り古墳だったわけですが(汗)、古墳について、白い木柱には、古墳の名称以外のことが、ひとつも書かれていなかったから、詳しいことは、まったく分かりませんでした・・・。

よく、遺跡の場所には、説明書きの立て看板が設置されていますよね。

――――――あればあったで、ろくすっぽ読みもせず、何も覚えないで帰るくせに、なければないで、もっと知りたかったと、ちょっと不満に思うもんですね(笑)。

古墳らしき場所は、すこし風情のある松林で、そこには、観音像らしき木彫りの像がまつられたほこらと、朽ちて形が分からなくなっている観音像らしき石像と、馬頭観音と刻んだ石碑の3つがありました。

広い公園のなかにある、古墳でもあり、神域でもある静かな場所。

残念なことに、こういった場所って、安易に心霊スポットなんかにされてしまうんですよね・・・。




園内を歩いてみれば、『展望台』 とされている場所にこだわらずとも、見晴らしのいい場所が何ヵ所か見つけられ、当初のお目当てだった 『展望台』 にがっかりして、すっかり興味の薄れた散歩を、楽しくさせてくれました。

遊歩道わきに見つけたちょっと高くなった場所に登ってみると、そこには、どこまでもつづく家々の屋根、終わりの見えない青空という、すばらしい眺めがありました。

「こここそ 『展望台』 だ!」

自分の勘で見つけた場所の眺めは、いっそう気分が良く、爽快に感じられました。




池の畔にある広場では、ツルの立派な藤棚を、見つけました。

だいぶ古いフジのようなので、花を咲かせる風景は、きっと風情があって、綺麗でしょうね。




10月の中旬なので、緑を楽しむには遅すぎて、葉の色はあせていたし、紅葉には早すぎて、鮮やかな赤や黄色の葉などは見られなかったけど、自然のなかを歩くのは、やっぱり気持ちがいいもんで、ここを出るときには、すっきりとした、清々しい気持ちになっていました。





この公園には、背景のいい桜の木を見つけたから、それが咲く頃、また訪れてみようかな。

 Click!でこのブログの応援よろしくお願いしまーす!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック