「千年希望の丘いわぬま」オリジナルフレーム切手



記念切手・いわぬま千年の丘・宮城県岩沼市・仙台七夕・宮城県仙台市・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

「千年希望の丘」 のオリジナルフレーム切手 (宮城県/2015年8月撮影)














このまえ宮城県内のある地域イベントに行ったら、
露店のなかに郵便局のがあって、「千年希望の丘」 が描かれた切手を売っていました。

こういった切手もあったんですね。

「千年希望の丘」 というのは、宮城県の海沿いにある岩沼市(いわぬまし)で、
東日本大震災(2011年3月11日発生)の津波で壊滅した集落の跡地に造られた、
この震災のメモリアルパーク(記念公園)です。

宮城県の海沿いは、ほとんどの場所が津波で壊滅し、
4年が経った現在は、多くの場所で復興工事が進められてきています。

そういったなかで、岩沼市の 「千年希望の丘」 は、
どこよりも早く規模の大きな記念公園造りを進めた場所です。

今年3月に、天皇、皇后両陛下が宮城県においでになった際には 「千年希望の丘」 にも足をお運びになり、
園内にある供養塔に花を供えられました。

僕もつい1ヵ月ほどまえ、どういった公園なのかを見に行ってきたところなので、今度このブログに書きます。

今回見つけたこのオリジナルフレーム切手では、「千年希望の丘」 のだけじゃなく、
この震災や復興に関係するいろんな絵の切手がセットになっていました。

画像に一緒に写っているのは、「仙台七夕」 のオリジナルフレーム切手です。

七夕飾りの絵の切手だけじゃなく、仙台発祥の 「冷やし中華」 の切手や、
仙台名物の 「ずんだ餅」 の切手もあるのが、ちょっとおもしろいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ Click!でこのブログの応援よろしくお願いしまーす!






ミミクリーペット






この記事へのコメント


この記事へのトラックバック