郡山遺跡



郡山遺跡・宮城県仙台市太白区郡山・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平・jpg

郡山遺跡 (宮城県仙台市)














2015年5月上旬、仙台市太白区の郡山を車で走っていたら、「郡山遺跡」 という場所を見つけました。

裏道を通っていたら、道路脇に説明書きのパネルと石柱があったんです。

郡山中学校の裏側にある、広い空地みたいな場所でした。

現地にあった説明書きです。
 ↓ ↓ ↓

郡山遺跡 (国史跡 仙台郡山官衙遺跡群 郡山官衙遺跡 郡山廃寺跡)

 郡山遺跡は1300年前の飛鳥時代から奈良時代(7世紀後半から8世紀前半)にかけて役所(官衙)跡です。I期官衙「柵」からII期官衙「陸奥国府」へ建替えられています。陸奥国で最初につくられた国府で、のちに多賀城に移ります。II期の官衙の南には、寺院「郡山廃寺」が併設されていました。
 この地点は、郡山廃寺の北に接し「南方官衙」と呼ばれる大型の建物が建っていたところです。建物の規模が21m×10mに及ぶものもあり、東北地方の役所跡の中でも最大級となっています。どのような機能を果たしていたかについては、明らかになっていませんが、重要な建物群があったと考えられます。
(現地パネルより)






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ Click!でこのブログの応援よろしくお願いしまーす!







この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/418631718
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック