かわったガソリンスタンド、本吉町のサビのついた建物のエネオス (2014年4月・気仙沼1)



錆びた建物のガソリンスタンド・宮城県気仙沼市本吉町野々下・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

外壁がぜんぶ錆びのついているという、かわったガソリンスタンド
(宮城県気仙沼市)














2014年4月下旬。
車で気仙沼市を半日ばかりぷらっとしました。

気仙沼市にはこの半年前にも行っていて、何ヵ所か見てまわり、そのことをこのブログに書きました。
今回は、そのとき行きそびれた場所や、新たに見つけた行きたい場所なんかを回ってきました。




さて、南隣にある南三陸町から海ぞいを通る国道45号で気仙沼市に入り、
気仙沼中心部へ向かいながら、まずはじめに立ち寄ったのはガソリンスタンド。
本吉町の国道ぞいにあるエネオスです。

今回は、どうしてもここのガソリンスタンドで給油がしたかった!

ここは、東日本大震災の影響で休業していたものの、
かわった建物に建てかえをして再営業を始めたというガソリンスタンド。

ほんと、かわった建物なんです。
建物が、ぜんぶ錆びているんです。

はじめから表面を錆びさせた鉄材をわざと使っているらしく、
年月がたつと、どんどんしぶい色合いに変わってゆくんだとか。
おもしろいもんですね。




冒頭で、半年前にも気仙沼市へ行っていると書きましたが、実は、
そのときも、このガソリンスタンドを訪れました。

けど、まだそのときは再営業のオープン準備中だったんです。

あと数日でオープンしそうな状態で建物はすでに完成してから、
錆びた建物を見ることはできたんですが、営業はしていなかったので、
給油はできませんでした。

建物を見るという目的は果たしていたんですが、やっぱりガソリンスタンドなんだから、
一度そこで給油してみたかった(笑)。




今回は、前回やり残したことのひとつを達成できて良かったです(笑)。

ガソリンも満タン。
再び気仙沼をまわる活力もわきました!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ ランキングに参加しています!応援のクリックよろしくおねがいします^^



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック