竹駒神社・馬事博物館の伊達政宗公騎馬像


01
竹駒神社・馬事博物館・伊達政宗公騎馬像・宮城県岩沼市・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

竹駒神社・馬事博物館 (宮城県岩沼市/2013年3月撮影)















2013年3月。 岩沼市(いわぬまし)にある 「竹駒神社(たけこま じんじゃ)」 の 『初午例大祭』 に行ったとき、神社にある 「馬事博物館」 を見てきました。

「馬事博物館」 は、前にもブログで書いたことがある場所です。 今回も館内に置かれている金色の伊達政宗公の騎馬像を見てきました。






02
竹駒神社・馬事博物館・伊達政宗公騎馬像・宮城県岩沼市・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平





03
竹駒神社・馬事博物館・伊達政宗公騎馬像・宮城県岩沼市・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平








伊達政宗公像 / 慶長6年(1601)4月、仙台藩祖伊達政宗公が仙台城入城の御姿を写したもので、時に35歳である。 この像は、昭和10年藩祖3百年祭を記念して宮城県青年団が仙台城頭に建設した銅像と同型の塑像で、銅像は当時総工費金四万二千五百五十円を費やした。 甲冑は仙台甲冑で南蛮鉄の五枚銅馬具類も同様。 乗馬はノルマン系田名部産の鹿毛をモデルとした。 作者は、宮城県柴田町入間田の人 小室達氏で、同氏の奉納にかかる。
(馬事博物館内の解説より)




今回のと同じ形の伊達政宗公の騎馬像は、僕が現在知る限りですが4ヵ所にあります。 ひとつは今回の 「馬事博物館」(岩沼市)、ひとつは仙台城址本丸跡(仙台市)、ひとつは仙台市博物館(仙台市)、ひとつは柴田町・農村環境改善センター(柴田町)。 その画像をのせたときの記事へのリンクを貼っておきます。

[仙台城址本丸跡の伊達政宗公の騎馬像] ◆「碧い仙台城!その1」
仙台城址(=青葉城址)の本丸跡にある、一番有名な伊達政宗公の騎馬像。 現在あるこの像は二代目だそうです。

[仙台市博物館の伊達政宗公の胸像] ◆「初雪の仙台の朝」
仙台城址の本丸跡にもともとあったという伊達政宗公の騎馬像。 これが初代の像なんだそうです。 もとは他の像と同じ形だったものが、現在は政宗公の胸から上の部分だけが残った状態で、仙台市博物館の敷地内に置かれています。

[柴田町・農村環境改善センター] ◆「柴田町の伊達政宗公騎馬像」
柴田町の施設のなかに置かれている伊達政宗公の騎馬像です。






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ Click!!でブログの応援おねがいしまーす!! (管理人より^^)





ブログ内の関連記事のリンク
◆「竹駒神社の馬事博物館」記2009年2月15日 (ブログ内リンク) ・・・ 前に馬事博物館のことを書いたときの記事です
◆「竹駒神社・初午大祭 1/2」 ・・・ 前に初午大祭のことを書いたときの記事です


[備考] 場所: 宮城県岩沼市稲荷町

参考地図: 馬事博物館 (緑矢印)

大きな地図で見る




この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381901625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック