市電保存館へ行ってきました



20070129 01.jpg


「仙台市電保存館」へ行ってきました。

仙台の「古い路面電車」が無料で見られる場所が富沢にあるという事で、さっそく行ってきました。




中には実物の車両があり、乗ってみることも、運転席に座ることもできて、大人ながらにちょっと浮き浮きしてしまいました。

もし僕が子どもの頃に来ていたら、市電の運転手に憧れただろうなあと。

今でも乗って帰りたいなと思ったくらいですから。

富沢の片隅に、こんな所があったとは驚きました。




今の街の景色からは全く想像ができなませんが、30年前まで仙台市内を走り回っていた路面電車。

次の画像に写っているパネルのように、道の真ん中を行き来しいてたようすも、今では名残りもありせん。




そんな路面電車の貴重な車両や、エンブレムや細かい備品などがそのまま保存されていて、じっくりと見ることができました。

今の時代だからそう見えるのでしょうか、レトロ調のデザインには可愛らしさがありました。

こんな電車が今走っていれば、逆に素敵なのではないかと思えます。

そう言えばここにある緑色の市電、どこかで見たような?

仙台市内を走り回っている観光地を循環しているバス、「るーぷる仙台」が何処なくこれに似ていました。

30年前の風景は、きっとこのようなものだったのでしょうか。

できるなら、デジカメを持って行ってみたい…




この場所は、地下鉄終着駅「富沢」の近くにある「富沢車両基地」内です。


20070129 02.jpg





20070129 03.jpg





20070129 04.jpg





20070129 05.jpg





20070129 06.jpg





20070129 07.jpg





20070129 08.jpg





20070129 09.jpg





20070129 10.jpg





20070129 11.jpg





20070129 12.jpg





20070129 13.jpg





20070129 14.jpg





20070129 15.jpg






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 仙台の街を市電が走っていた頃

    Excerpt: ―仙台の街を路面電車が走っていた1976年(昭和51年)に撮影された貴重映像― 仙台市電 1976年 (02:46) (コメ)  貴重な映像を見つけました。 仙台の街に.. Weblog: 動画でみる仙台の街 racked: 2008-02-29 19:04