青根温泉雪あかり (2013)


Top
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

青根温泉雪あかり (宮城県・川崎町/2013年2月撮影)













2013年2月10日。 川崎町にある青根温泉(あおねおんせん)の 「青根温泉雪あかり」に行ってきました。

このイベントを初めて見に行ったのは、かれこれ5年も前のこと。 例年だと青根児童公園で行われているそうですが、その冬は雪の量がすごく少なかったので、例年より規模を縮小し、また場所も変更して開催されていました。

青根温泉のシンボルになっている 「青根洋館」 が会場で、建物の周りには沢山の雪灯ろうが作られていました。 かわいらしい外観をした 「青根洋館」 と周りで灯る雪明りが一緒になった光景が、とても綺麗だったのを覚えています。

その時から、例年通りに公園で開催されてる 「青根温泉雪あかり」 の光景も一度見てみたいと思っていました。

今冬の青根温泉も例年に比べれば雪は少なかったらしいですが、例年通り公園での開催というので、6年ぶりとなりましたがまた 「青根温泉雪あかり」 へと足を運んできました。




さて当日、公園には数え切れないほどの雪灯ろうがありました。 約2000コくらいあるそうです。 ひとつずつバケツを使って作るそうですが、こんなに沢山よく作り上げたものだと驚きました。

夜、火の灯った雪灯ろうが周囲をほのかに照らす光景は、とてもきれいでした。 揺らぐ小さな炎が無数にあり、公園内は幻想的な雰囲気になっていました。

とても寒かったのですが、眺めていても飽きることはなく、小一時間ばかりその雰囲気を楽しんできました。 体は芯まで冷え切ってしまったけど、退屈な冬の夜に、とてもいい時間が過ごせました。







1
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

児童公園のそばでこんな看板を見つけました。 この辺りえホタル観賞が楽しめる場所があるんでしょうか!? だとすれば、ここでもホタル観賞をしてみたい。





2
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

地元の小学生たちが学校行事のひとつとして作った雪像だそうです。 とても上手ですね。 青根温泉がある川崎町の 『チョコえもん』 というキャラクターのようです。
日本人でチョコレートを初めて口にした、川崎町の支倉地区が生まれ故郷の「支倉常長(支倉六右衛門常長)」の意志(?)を受け継ぎ、チョコレートの美味しさを現代に伝えるために世界中を旅している。(川崎町公式HPより)






3
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

「雪あかり」 会場の児童公園から100mのところにある入浴施設 「じゃっぽの湯」 では、午後3時から豚汁と味噌でんがくの無料ふるまいが行われていました。 先着600人だそうです。 長蛇の列ができていたのでおっくうになり並ばなかったんですが、地元のコンニャクを使った特製味噌でんがくだったんだそうで、後で思えば食べておきたった・・・(笑)。





4
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

雪灯ろうに火が灯り、辺りが暗くなった児童公園。 約2000コの雪灯ろうがあるそうです。 神秘的な雰囲気で、とても綺麗な光景でした。





5
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

幻想的で、綺麗な光景ですよね。 もうちょっと炎の色を綺麗に写せればよかったんですが、僕の腕ではこんなもんです・・(笑)。 あしからず。 東日本大震災(2011年3月11日発生)の後、青根温泉にはしばらく被災地石巻市から避難していた方々がいたそうです。 「青根温泉雪あかり」 は地域の一大イベントとしてだけじゃなく、鎮魂の思いや震災からの復興の祈りも込められているそうです。





6
青根温泉雪あかり・宮城県柴田郡川崎町青根温泉・画像・仙台人が仙台観光をしてるブログ・与平

今冬の青根温泉は例年より雪が少ないらしく、会場の公園には他からも雪を運んできたそうです。 仙台市内はいつもより雪が多いというのに、同じ県内でも違うもんですね。 こんなきれいな光景もひと晩限りだと言うんだからもったいない。






にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ 仙台情報ランキング参加中!!クリックよろしく!!

[備考] 青根温泉雪あかり・2013年度について / 開催日: 2013年2月10日 / 開催時間: 午後3時~午後8時半 / 点灯: 午後4時半頃から / 場所: 宮城県柴田郡川崎町青根温泉・青根児童公園 / 見物: 無料(自由) / 駐車場: あり(無料・合計約100台) / トイレ: あり(児童公園の公衆トイレ) / 車: 山形自動車道「宮城川崎IC」から車15~20分
■ 駐車場の追記/会場付近のが満車になると、会場から少し離れた所にある臨時無料駐車場への駐車となり、そこからはシャトルバスでの往復になる。 シャトルバスの運行は午後6時まで。
■ 見頃の時間/今回の当日、辺りが暗くなったのは5時半頃。 雪明りのロウソクは午後7時前には燃え尽きていたのもあった。 暗いなかでの光景の見頃は、だいたい5時半から7時前頃のあたりだと思う。
■ 路面状態/山形自動車道「宮城川崎IC」から車で向かった。 青根温泉までは全て除雪されていて、帰路に着いた夜7時ちょっと過ぎも路面凍結をしている所はなかった。 ただしこれは今回の開催日についてのこと。 他の日、他の年の開催日の時がどうだったかは全く知らない。
※これらはすべて僕の勝手な所見です

参考地図: 青根児童公園(緑矢印)

大きな地図で見る


この記事へのコメント

佐藤沙知子
2014年02月09日 15:55
はじめまして!偶然行列に並ぶ自分と息子が写真に写ってたので記念にコメントします。今年も行きたかったのですが、大雪で断念しました。青根温泉雪あかりの風景写真素敵ですね!
与平
2014年02月09日 22:44
佐藤沙知子さん


はじめまして^^
コメントありがとうございます^^

コンニャク食べたかったです、僕も並べばよかった。

昨日からの大雪のおかげで、僕も今日はどこへも出かけられませんでした。
ほんと、よく降ったもんですねw

雪あかりは作る人たちがとても苦労してると思うので、綺麗と言ってもらえる画像になってよかったです!!

この記事へのトラックバック