震災後、電波時計がずれていました。


東日本大震災後時間がずれていた電波時計・与平仙台人が仙台観光してるブログ

電波が復活して、現在は時間修正絶好調の電波時計!
零コンマのずれは、電波のせいじゃないからご愛敬(笑)。
















僕は同じ目覚まし時計を2つ使っています。 色も形も全部同じ。 いわゆる電波時計という物で、どっかから電波を受信して、自分で表示時間を修正してくれる機能が付いてます。 まあ、今どきの目覚まし時計はみんなそうでしょうけど。

どちらも今年1月に買ったばかりです。

3月11日に 『東日本大震災』 が起きてから2週間くらい経った頃でした。 2つの目覚まし時計を見て、互いの表示時間が同じじゃないことに気が付きました。(買ったばかりの頃どうだったかはもう忘れました・・・) 違うと言っても、ずれていたのは秒数だけで、差も10数秒程度なので、使う分には全く問題ありませんでした。

でも、

確かこの時計らは、自分自身で良さげな時間に直ってくれんじゃなかったかなー・・・、

とちょっとだけ気になりました(笑)。




震災から1ヵ月以上経った4月下旬。 こんなニュースを耳にしました。 電波時計の電波を発信する場所が福島県にあって、震災の影響でそこの機能が停止しているとのことでした。 こういった基地局が全国に何ヵ所あるのかは知りませんが、宮城県の電波時計オーナーも、皆ここから受信しているらしいのです。 それで、そのニュースの続きは、この度それが復旧したという内容でした。

なるほどそういうことだったかと、知ってすぐに2つの時計を見ると、なんと秒数がちゃんと揃っていました。 これで一件落着。 とても清々しい気持ちになりました。




ところが、5月に入った頃でした。 2つの時計を何気に見ると、またずれている・・・、なぜ。 また機能しなくなっていたんでしょうか。

そして、それから更に数日が過ぎた同月中旬頃。 また何気に見ると、今度は直っていました。 2つの時計のずれも(ほぼ)なく、再び正確な時間を表示していました。 なんだかんだで、もう大丈夫!?なようです。 良かった。




震災で、自分の周りの物などが何処から来ているのか、どういう仕組みになっていたのかなど、初めて知ることが沢山ありましたよね。 僕は電波時計の電波発信源が福島県にあるなんて全く知りませんでした。 まあ、買う時に書いてはいないので知るはずもないですけどね。

今回は、震災後に電波時計がずれてたけど今は大丈夫、というお話でした。 あしからず。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ ランキングのクリックお願いしまーす^^




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック