2017年01月28日

「旧氏丈邸」、角田市の郷土資料館


01
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)















02
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






03
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






04
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






05
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






06
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






07
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






08
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






09
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






10
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






11
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






12
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「旧氏丈邸」(角田市・郷土資料館)






13
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

「蔵」(角田市・郷土資料館)






14
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

展示室(角田市・郷土資料館)






15
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平






16
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

角田館主石川家伝来の甲冑(角田市・郷土資料館)






17
旧氏丈邸、角田市郷土資料館、氏家丈吉邸、宮城県角田市、画像、仙台人が仙台観光をしてるブログ、与平

松崎古墳箱式石棺(角田市・郷土資料館)









【 2016年11月、宮城県角田市 】

角田市に車で出かけた日、予定していたイベント見物が終わったあと時間があったから、角田市にある 「郷土資料館」 に行きました。

角田市もあちこち行っているけど、ここは初めて!

「郷土資料館」 は入館無料でした!

(※ ただし企画展期間中のみ有料” と観光案内パンフレットには書いてあったから、そういった期間は入館料が必要のようです。)

   [旧氏丈邸・観光案内パンフレットより]
旧氏丈邸の建物
この資料館は、明治初年から大正年間にかけて、郷土の旧大地主初代と2代目氏家丈吉氏が建築した邸宅を、昭和60年6月角田市が譲り受け、郷土資料館として整備したものである。


ここの一番の見ものは、邸宅だった建物!

角田における三資産家のひとつに数えられた名家で、ここの大地主だった氏家家(うじいえ け)の分家という氏家丈吉氏(うじいえ じょうきち し)の邸宅だったそうです。

氏家丈吉という名前で、まわりからは、名前の二文字から “氏丈(うじじょう)” と呼ばれていたそうで、それゆえ、この建物も 「旧 “氏丈” 邸」 というのだそうです。

部屋数も多く、とても立派な邸宅でした。

なかは自由に歩き回れて、むかしの豪邸見物といったかんじでおもしろかったです。

この日は空いていたせいもあってか、受付にいた従業員さんから 「よかった簡単なガイドを致します」 といったふうに声をかけられたので、お願いしました。
(ガイドは無料だそうです。)

入館時にもらう観光案内パンフレットにも説明は書いてあるけど、やっぱり人からの説明を聞きながらだと、自分の目では分からないようなことや、気づかないようなことも教えてもらえるから、ただ見て歩くのよりもずっと、関心深く邸宅見物ができたと思います。

ガイドを受けながらじゃなかったら、特徴的な部分や、細かな部分に目を向けることなく、ササッと見て、帰っていたような気がします。

僕はデジカメ撮影も楽しみの一つなので、まずひと通り、ガイドを受けながら見物したあと、もう一度、自由に歩き回りながらデジカメ撮影を楽しみました。

敷地には蔵とかも建っていて、資料展示室になっていました。

「伊達家一門筆頭 角田館主 石川氏関係資料」、「縄文土器をはじめ、市内の遺跡から出土した考古資料」 といった物が展示してありました。

それから、画像01に写っている 「表門」 は、角田城の門がここへ移築されたものだそうです。

「郷土資料館」 は、僕のような地域探訪好きには、なかなかおもしろい場所でした。

角田市の見所のひとつだと思います!








[備考] 「角田市・郷土資料館」(2016年11月現在) / 場所: 宮城県角田市角田町17 / 開館時間: 09:00〜16:30 / 休館日: 月曜、国民の祝日(月曜の場合はその翌日)、年末年始 / 入場料: 無料(※但し企画展期間中のみ有料) / 駐車場: あり(無料) /  トイレ: あり

参考地図: 角田市・郷土資料館






posted by 与平 at 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角田市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445730558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック