たなぼた家のおはぎ本舗・追記2



たなぼた家のおはぎの画像



また、「たなぼた家のおはぎ本舗」 のおはぎです










またこのおはぎのことをブログに載せたくなりました。 美味しいから気に入っていて、ちょくちょく食べてます。 このブログで書くのも3回目。 そんな 「たなぼた家のおはぎ本舗」 のずんだおはぎです。

宮城県南部の亘理町(わたりちょう)にお店があるんですけど、パックに入った物が仙台市内のスーパーマーケットでも出回っているので、僕はそれをよく買って来ます。

画像のは、ずんだのおはぎ。 ここのずんだは、つぶし加減が良いあんばいで、豆のプチプチ感が残ってます。 甘さも丁度良い。 もち米と合っていて、ほんと美味しいです。




今回は、ちょっと丁寧に画像を撮ってみました。 コンデジですけどね。 あと、刺身皿ですみません。

丁寧に包丁で切ってみたんですけど、切り口がスパッとなってしまい、ずんだともち米の感触が分からなくなってしまいました。 このおはぎの美味しさがあんま伝わってない・・・。




余談なんですけど、

枝豆をつぶして甘くしたずんだってのは、東北地方ではけっこう広い範囲でふうつに食べられてる物ですよね。 こういった感じで、近頃は全国的にもある程度は知られてるもんだと思ってました。 けどそうでもないみたいですね。 東北周辺を出るとほとんど見かけなかったりしますからね。

甘い中にも豆の風味がホワッと広がって、すごく美味しいんですけどね。

遠方の人たちからすれば、ずんだって言うか、東北に大した興味ないって感じでしょうか(笑)。 それを言われてしまうと悲しいですけど。

僕の住んでる宮城県では、たいていの甘いもんにはとりあえずずんだ味があります。 おはぎはもとより、串に刺さった団子やカップで食べる白玉、切り餅なんかにも当然ずんだあんがあります。 他にはたい焼きや大判焼きとかにも、必ずずんだが入った種類があります。 面白いのでは、ずんだシェイクってのもあります。 けっこう美味しいんです。

他方で見かける人形焼であん入りの物や、もみじ饅頭なんかには、ずんだあんはすごく合うと思うんですけどね。 美味しいもんがあれこれある中、あんまり緑の豆を甘くしては食べないもんでしょうか。 緑色の甘いもんだと、やっぱり抹茶なのかな。

そう言えば近頃、 『ニッポン全国おやつランキング』 というのがどっかで開かれたらしく、47都道府県から一品ずつ出されたおやつに人気順位が付けられていました。 宮城県からは風月堂の 「ずんだ餅」 ってのが出品されたみたいです。 お餅にずんだあんが乗った物。 でも残念ながらトップ3には選ばれなかったようです。

ちなみに1位は、新潟県の 「パンダ焼き」 なる物。 パンダの型の鉄板で餅をはさみ、枝豆のあんを入れて焼いた物なんだそうです。 枝豆のあん…、あれっ、、、ずんだが入ってんだ。。。
(ニッポン全国ご当地おやつランキング → http://sunshine.local-power.jp/stage01.html (リンク先の最終確認2010年12月))

焼いた餅に入ったずんだも美味しそうですね。 白いたい焼きのずんだあんは仙台で食べたことあるけど、それに近い感じなんでしょうか。 でも、それよりも美味しそうですね。 パンダも愛嬌があって良いですし。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ クリックおねがいしまーす ^^

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック