ディアゴスティーニで伊達政宗公の甲冑が造れるそうな




小耳に挟んだんですけど、ディアゴスティーニ(DsAGOSTINI)の週刊シリーズから、「戦国甲冑(かっちゅう)をつくる」 というのが来年1月から発売されるんだそうです。 あの毎週一刊ずつ買い揃えて行くシリーズです。

それで造る甲冑というのが、なんと、伊達政宗公の甲冑!!だそうです。

仙台人なら誰でもくいつく話。

兜に据えられた三日月の前たて。 あれを見て伊達政宗公のだと分からない仙台人はいませんし、仙台において、仙台らしさと言えばとりあえず用いられる形。 マークやら、建物やら、あの三日月をイメージしたと言ってそれっぽいの入れれば、何でも仙台らしさを取り入れたことになってしまう(笑)。

ディアゴスティーニHPの戦国甲冑をつくるのページ → http://deagostini.jp/skt/

実際の2分の1スケールで、高さが80cmとのこと。 完成すれば出来栄えもかなり良さげのようなんです。 着用して出陣はできませんけど、飾っておくと、きっと家にはくが付くでしょうね。

しかしながら週刊シリーズとは、いろんなのがあるもんですね。

全55巻だそうで、僕にはちょっと揃えるのは無理なんですけど、こういったのが発売されるみたいです。

今回はそんなお話でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ 応援のクリック宜しくおねがいしま~す (^^)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック