田舎のバス停 三川尻

丸森町

Top
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像01



ふと通りがかったバス停です











みなさんはのどかな所をドライブしている時、ふと哀愁ただようなバス停を見かけ、ハッとしたことがありませんか!? 少しさびれているような、少しくち果てているような…。 このバス停には本当にバスが来るんだろうか、今も使われているんだろうか…。

そんなバス停を見かける度に、何故なのか、自分の中に郷愁の感情がわき上がります。 のどかな所で育ったわけではないんですが、なんか良い雰囲気のバス停だなあと、ドライブの休憩がてらしばし眺めていたくなります。

今回から、そんなバス停を見つけたらカテゴリ 「田舎のバス停」 で投稿しておこうと思いました。 のどかでのんびりとした雰囲気がありながら、どこか寂しいような。 そんなバス停があったらこのカテゴリに投稿します。

第一回の今回は、「三川尻(みかわじり)」 とうバス停。

先日、宮城県内の南部で桜巡りのドライブをして来たんですが、白石市(しろいしし)から丸森町(まるもりまち)の中心部へ向かう途中に通りがかりました。 山間を県道で抜け、もう少しで阿武隈川へ出ようかという所。 地名で言うと、丸森町大張川張字三川尻という場所のようです。

この辺り、そしてここに至るまでも特に目に留まるようなものは何もなく、ずっと車窓に映る景色は退屈な道でした。 そんな中、ふと現れたのがこのバス停。

なんか良いなあ。 そう思い、車を止めてカメラを持ち出しました。

一番気に入った眺めは画像Top のです。 離れた所からの眺めなんですが、後ろの傾斜にはやけに美しい曲線の農道があって、とても良い風景でした。






1
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像02

なんか少し傾いてますね(笑) このバス停にバスが止まり、人が乗ってゆく光景が目に浮かぶようです。





2
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像03

バス停の小屋には、古い看板なんかがいろいろ貼ってありました。 バスの時刻表を見たんですが、「丸森病院行き 7:35」 ただ一本でした。 ここには、反対側にバス停なんかありません。 帰りは!?と思いました。





3
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像04

小屋の中にはソファーが置かれてました。 ただ座るのはちょっと…。 たぶんこういった小屋は、バスを待つ人のことを思い、集落の人たちで作ったんでしょうね。 だからこそ都会のバス停にはない郷愁がただよっているんだと思います。





4
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像04

近くには木の電信柱がありました。 夜になると灯りが点くんでしょうか。 その灯りの中で撮ったらまた良い風景かも知れませんね。





5
三尻川バス停・宮城県伊具郡丸森町大張川張・画像06

近くにあった道標。 「やってみっぺ大張」!!! と書かれていました。




にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ このブログの応援クリック宜しくおねがいします (^^)
[備考]
場所: 宮城県伊具郡丸森町大張川張字三川尻     見物: 自由(無料)     駐車場: なし     WC: なし
参考地図: バス停三川尻{ちず丸
※僕の勝手な所見です

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック