フキノトウの天ぷら



ばっけ(蕗の薹・フキノトウ)の天ぷら画像01



フキノトウを採ってきて、天ぷらにして食べました









つい先日、とある春の一日のこと。 県南で道端に芽を出していたフキノトウを採ってきました。 フキノトウは、宮城の方言で "ばっけ" と呼ばれています。

家に持って帰ってから、天ぷらにする為にネットで作り方を簡単に調べました。 で、何となく自分なりにそれらしく天ぷらを作ってみました。

土を丁寧に洗い流して、水分を取って、天ぷら粉を付けて油の中へ。 料理は多少たしなむんですが、山菜の天ぷらは初めて作りました。

なんか、フキノトウの水気を取った後、包丁の腹でバン!と一回叩くというのを見たんですが、何でなのでしょうか!? 僕には不明です。 つぶす為でしょうか!? 火の通りが良くなるのかな。。。

とりあえず何とか天ぷらはできました↓↓↓

ばっけ(蕗の薹・フキノトウ)の天ぷら画像02


ちょっとベチャベチャ…。

しかしながら味は最高でした。

ほろ苦く、まったりとした味わい。 こんな旨いもんめったに食べられません。 パクパクと幾つも食べてしまいました。

もう宮城ではフキノトウがすでに育ってしまったので、今春の楽しみは終わってしまいました。 ああ、来年の春が待ち遠しい…。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ このブログの応援クリック宜しくおねがいします (^^)

この記事へのコメント

2010年04月24日 00:57
こんばんは!

いいな。おいしそう。

子供の頃は、よく母が取ってきて天ぷらにしてくれました。

あとは来年かぁ・・・
今年食べておけばよかったなぁ。

与平
2010年04月24日 21:29
kanmayuさん

こんばんは^^

ほんと美味しかったです。
子供のころからこのニガイのを食べてたとはすごいですね…。大人の味なのに^^

僕ももっと食べておけばよかった。

この記事へのトラックバック