鳴子峡の新しい遊歩道 (2008年の秋・2)

大崎市 鳴子温泉

Top
naru2008 02 01.jpg



昨年(2008年)の10月下旬に見て来た 「鳴子峡(なるこきょう)」 の紅葉の続きです





(画像Top : 大深沢橋の鳴子温泉方面側にある遊歩道入口。 画像右の人が2人歩いている斜面の道が入口で、車道のカーブの先にわずかに写っているのが大深沢橋。)







今回は、整備されて2008年の秋から通れるようになった新しい遊歩道で撮って来た画像です。

鳴子峡の底を流れる川に沿って歩くのがこれまであった遊歩道で、昨季は落石事故が秋口にあった為、紅葉狩りの季節には通行禁止になっていました。 そこで整備されたのが新しい遊歩道で、昨季からの新しい見所でした。

これまでの場所とはまた別の場所にあるのが新しい遊歩道で、全く違う景色の中を歩くのですが道も良く整備されていて、とても良い森の散歩道といった感じでした。

僕が訪れた時はまだ紅葉の真っ盛りからは数日早かったようで、新しい遊歩道の紅葉は3割程度だったのですが、緑の葉が多くても自然を満喫できる良いところでした。 きっと新緑の季節でも素晴らしいだろうと思います。




何処から新しい遊歩道に入ったのかと言うと、県道47号を 「レストハウス鳴子峡」 の所にある 「大深沢橋」(県道47号の橋)から鳴子温泉側に50~100メートル行ったところです。 ここに入口がありました。

『 デジカメで撮ったり休んだりしながらだらだらと歩いた僕が1.6kmの遊歩道にいた時間は45分くらいだったので、普通に歩けば30分程度の道のりだと思います。 1ヵ所だけ小さな沢を下って上るくらいで、あとは緩やかで道も良く、気楽な森林散策でした。 それと途中、「おくのほそ道」という分岐道があったのですが、入っていないのでそこがどうなっていたかは分かりません。 』

『 』 内は僕が昨年の秋に鳴子峡へ訪れて来た直後に書いた記事の一文をそのまま貼ったものです。 こういった道でした。 その記事には昨季現地に立てられていた周辺地図のパネルの画像もあります。 でもこういった場所は一度訪れてみないとどういった場所かよく分からないものです。 僕の説明なんぞだけではなお更かも知れません…。(◆「速報 ・ 鳴子峡の紅葉(2008)」

新しい遊歩道を歩き終えると、「レストハウス鳴子峡」 から中山平温泉方面へ国道47号を少し行ったところに出ました。 もしこちら側から入って歩けば、僕が入った方に出ます。 どちらから歩いても良い道です。




昨季の僕の鳴子峡での紅葉狩りは、「鳴子峡」 を 「レストハウス鳴子峡」 の見晴らし台から眺め、それとすぐ近くにある 「大深沢橋」 からも眺め、そして昨季からの新しい遊歩道を歩いて自然を満喫したという感じでした。

きっといろいろな楽しみ方があるのでしょうが、それなりに僕も楽しんで来たのではないかと思っています。

以下はそんな新しい遊歩道で撮って来た画像です。






1
naru2008 02 02.jpg

遊歩道の道。 たいていがこういった整備がされていて、とても歩きやすい道でした。
紅葉狩りとしてはまだ物足りなかったものの、自然を満喫するには良い場所でした。






2
naru2008 02 03.jpg

途中にある沢を下りる階段。 落ち葉が隙間につまり、何だか秋のもの悲しさを
感じる画像になってしまいました。






3
naru2008 02 04.jpg

紅葉が進んだ頃だったらもっと綺麗だったろうなと思いました。






4
naru2008 02 05.jpg

遊歩道にて。






5
naru2008 02 06.jpg









にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ ランキングに参加しています!左のバナーを押しってってくれるとありがたいです。
[備考]料金: 無(遊歩道散策は自由・無料)    WC: 無(確か遊歩道の途中にはなかったような気がします。)
・国道47号は大型車も沢山通るので横断する場合は要注意。
・遊歩道は2009年6月現在も通行禁止のようです。 大谷橋の方は途中まで入れるようです。
※僕の勝手な所見です

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック