火伏せ祭り・石尊さま 2/3

栗原市 若柳 武鎗 舘

Top
sekison 111.jpg



今晩は、昨晩に続いて「石尊さま」見物の続きを書こうと思います










子どもらによる神楽の奉納や太鼓の演舞が終わった後、石尊神社の前には神社の方やこの集落の方たちが集まり、何やら祭事の儀式を行っていました。

急な階段を上った先にある神社。 大きくはない社を周囲を金網の柵が囲み、社前は狭く仕切られていました。 その中に儀式に参加する方たちが皆入っていてとても窮屈そうでした。

何が行われているのかとても気になったのですが、周りで騒がしくする訳にもゆかず、事の成り行きを離れた所から静観しました。

その後は神輿(みこし)。

法被(はっぴ)を着た地元の子どもら20人による神輿が境内を出て行きました。 一つの酒樽を乗せ、しめ縄で結んだ物でした。

そして始まったのがこの祭事見物の見所であった水かけ。

冬の寒さの中、さらし姿の男性3人が町通り沿いの民家前に置かれた桶を手に取り、汲まれた水を次々に屋根へと掛けてゆきました。 腰にはしめ縄を巻き、胸や背中に書いてあったのは家内安全や無病息災という文字。 おそらく石尊神社からの使いとしてこうやって家々を回っているのでしょう。

水を放り投げた先に集まりだしたのは先ほど神輿を担いでいた子どもたち。 見るからに寒そうでしたが、真水を喜んで被っていました。

こうしながら一通り町のなかを回り終え、最後に到達したのは町外れにある石碑の前でした。





1
sekison 112.jpg
神社でなにやら儀式が行われているようす。






2
sekison 113.jpg

子どもらが神輿を担いで町通りを運行しているようす。






3
sekison 114.jpg

子どもらが担いでいた神輿。






4
sekison 115.jpg

水かけのようす。(安養寺)






5
sekison 116.jpg

水かけのようす。(消防団所)






6
sekison 117.jpg

水かけのようす。(民家)






7
sekison 131.jpg

前回ネットで祭事の事が詳しく調べられなかったと書いたのですが、
現地にあった説明書きのパネルを撮った画像が出てきました。
詳しく書かれているので是非読んでみてください。






にほんブログ村 地域生活(街) 東日本ブログ 仙台情報へ ←ランキングに参加してます。 バナーをクリックしてブログ村のランキングページを開くとこのブログにポイントが加算されるので、押してってもらえるとうれしいです。

[備考]
前回を参照ください

今回の画像は2008年3月9日撮った物です

この記事へのコメント

2009年01月26日 23:04
ブログリンクありがとうございます。
私のブログでもリンク貼らせていただきました。
いつも思うのですが、与平さんは写真がすごく上手ですね。すごくきれいに撮れていて写真に感動させられます。
与平
2009年01月27日 00:18
タンモク

リンクありがとうございました!
写真のこともありがとうございます。 いつも枚数ばかり撮って来てるのですが、またシャッターを押す指が止まらなくなりそうです^^

この記事へのトラックバック