2011年08月01日

今日で宮城県から自衛隊が撤収したそうです



今日、東日本大震災が起きた直後から救助と救援活動をずっと続けてきてくれた自衛隊が、宮城県から撤収したそうです。

震災直後、仙台の上空を自衛隊のヘリが行き来し、ずっとプロペラの音が聞こえていました。

道路では、見たことないほど沢山の自衛隊の車が走っていました。

県内の駐屯地や主要な広場には、自衛隊の人たちが滞在する為のテントが沢山張られていました。




震災後、宮城県内で自衛隊によって救助された人は、およそ13000人らしいです。

支援、津波被害にあわれた方の捜索は、今日までで144日間にも及んでいます。

本当にありがとうございました。
posted by 与平 at 20:10 | Comment(4) | TrackBack(0) | 3.11-東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする