2006年11月24日

仙台のイルミネーション『泉パークタウン』




20061124 01.jpg
続きを読む

2006年11月21日

仙台の展望台と夜景へ 「SS30 (in daytime)」




@
「仙台駅から望むSS30」

20061121 01.jpg


 仙台の高層ビル展望台と言えば、元々はこの「SS30(エスエスサーティー)」でした。上の画像は仙台駅からの眺めで、こうして見ると意外と近く見えますが、歩いて15分程かかります。
 このSS30の事を書きたいと思います。続きを読む

2006年11月17日

たなぼた家のおはぎ本舗



20061117 01.jpg


続きを読む

2006年11月16日

仙台の展望と夜景へ「AER (at night)」



AER(アエル)展望台からの夜景です。

20061116 01.jpg
@
 昼間のようすとはがらりとかわり、また違った雰囲気の仙台の街となりました。

 左側の奥へと真っすぐ伸びるパイプのような明るいところはアーケード通りです。その屋根が内側の灯りに照らされてこのように見えています。歩行者専用の道で、仙台で一番人通りの多い繁華街であります。
 これは確か19時30分頃だったと記憶しているのですが、おそらく一番賑わっている時間帯でしょう。ここから見てもわからないですね。続きを読む

2006年11月14日

仙台の展望台と夜景へ「AER (in daytime)」

 以前に「仙台の展望台と夜景について」というのを書いたのですが、その時に挙げた展望台、4ヶ所の中の1つである「AER(アエル)」です。
 一番手っ取り早く仙台の展望を楽しめる場所でもあり、僕もこの機会に数年ぶりに登頂してきました。

@
20061114 01.jpg


 「東北の拠点都市、杜の都・仙台の中心に位置する、31階・高さ145.5mのインテリジェントビル」というのがこの「AER」のキャッチフレーズ。あるだけ詰め込んだようになってはいますが、 ビル本人が言うように、現在仙台中心街の展望台では、ここがナンバーワンの高さです。続きを読む

2006年11月13日

鳴子峡へ・その4(完)

 前回までいろいろ書いてきた鳴子峡ですが、何処にあるのかと言うと宮城県の北西に位置しています。仙台市からずっと北の方向です。

 東北自動車道、仙台駅から最寄のIC「仙台宮城」から40分ほど北へ行ったIC「古川」でおりて、国道47号をひたすら北西の方へ進むこと40分。そこに鳴子峡があります。
 途中、以前に書いた「岩出山町へ」の岩出山町を通って行きます。

20061113 01.jpg



 今回、僕が車をとめた駐車場の目の前に、「こけし資料館」というものがあってちょっと立ち寄りました。
 巨大なこけしが立っている所です。前を通れば必ず気付くでしょう。続きを読む

2006年11月12日

ずんだ の 大判焼き

20061112 01.jpg
続きを読む

2006年11月11日

鳴子峡へ・その3

 鳴子峡の綺麗な紅葉をのせてきましたが、初めて訪れたので、正直どう見てまわれば良いのかすごく戸惑ってしまいました。わからずにキツイのぼり坂を無駄にのぼってしまったり、危なく大事な場所を見ずに帰るところであったりして、何度も聞きながらそれでもまだ良かったほうではなかったと思えています。

  ここは紅葉ジーズンだけが混雑するためか、案内的なものがかなり不足していて、下から渓谷をのぼってきて先がわからずに途中で引き返し、大深沢橋を見ずに帰ってしまった人もいましたし、上から下ってきたものの戻らなければいけない事が後でわかり、3kmもの上り道をひたすら歩く人たちもいました。
 僕も含めて気の毒な思いをしている人が沢山いたように思います。



 無駄に歩いてしまった部分や道間違いした部分は抜きにして、僕がどのように鳴子峡を歩いて来たかを今回「鳴子峡・その3」として書き添えておきたいと思いました。続きを読む

2006年11月10日

鳴子峡へ・その2

「大深沢橋の下を流れる小川 大谷川と交わり鳴子渓谷を流れ出ていく」
20061110 01.jpg

 前回たくさんのせた鳴子峡・大深沢橋からの眺め。最後の画像にちょっと写っていた「鳴子峡中山平口」というほうへ、移動してみました。続きを読む

2006年11月07日

鳴子峡へ・その1



鳴子峡、名所の名に、偽りなし!


↓「展望台より望む 大深沢橋」
20061107 01.jpg




 「鳴子峡(なるこきょう)」へ行ってみました。

 紅葉の名所として知られる鳴子峡。

 宮城県大崎市 玉造郡鳴子町にあります。と書かれても、僕もわかりづらいですが、ここは「鳴子温泉」で知られている場所です。
 ブログのタイトルに「仙台観光」と言っておきながら、今回もまた仙台市から離れた場所ではありますが、鳴子峡は宮城県としての立派な観光名所です。続きを読む