2006年02月27日

白石市へ  その1

 宮城県の南部に位置する“白石(しろいし)市”へ行ってみました。白石のイメージは、白石城、白石うーめん、和紙。

今回まわったのは
「白石駅」 → 「白石城歴史探訪ミュージアム」 → 「白石城天守閣」 → 「武家屋敷」 → 「片倉家御廟所」



白石駅へ

白石駅 東北自動車道白石ICを降りてまず向ったのは「白石駅」。この駅の中に「観光案内所」があるので、そこでマップを貰おうと寄りました。

 「市内ガイドマップ」や「うーめんマップ」というのを貰い、ちょうどお昼前だったこともあり、天守閣に行くなら隣りの探訪ミュージアムでうーめんが食べれると教わり、さっそく行ってみることに。


歴史探訪ミュージアムへ

 手前まで来て「この先駐車場がありません」と書かれていたので、仕方なく車をとめられる所まで引き返すことに…

ミュージアム マップに書いてある付近のPに車をとめて向いました。坂道を登ると「探訪ミュージアム」があります。

 ここで「天守閣」「探訪ミュージアム」「武家屋敷」の共通券(600円)を買い、探訪ミュージアムの中へ。

うーめん お腹がすいていたので、すぐうーめんを食べることに。うーめんは冷たいのをつゆに付けて食べるものかと思っていたら、普通は暖かいのを食べるみたいです。
 うーめんマップには、いろんなお店のうーめんがのっていて、中には「カレーうーめん」や「あんかけ焼きうーめん」など、一度食べてみたいものも。

 ここで食べたのは「伊達鶏うーめん」(500円)。和風のつゆに地鶏、ねぎ、ほうれん草がのっている、シンプルなうーめんです。食べてみると、うーめんは柔らか麺というかんじでしょうか。地鶏は美味しかった。


 そして展示物をみて、3階の『立体ハイビジョンン・シアター』というものを見に。立体でハイビジョン。聞くからにすごそうなシアターです。
 伊達家随一の名参謀という「片倉小十郎影綱」の生涯を見れます。
 立体メガネをかけて見るのですが、これがなかなか良くできていて、文字通り立体ハイビジョンでした。ただ目が疲れます…

その2へ











posted by 与平 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白石市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はじめまして、このブログは…

初めまして 与平(よへい)と言います。

東北地方にある 宮城県 仙台市。

夏は短く 冬は寒い。

3歳の頃仙台へやってきて、もうどのくらい年月が経つのだろうか。

それまで過ごした所の記憶は全く残っておらず、この街の記憶しか持っていません。

仙台人って… 仙台の街って… 仙台の……

悪くも、時には良くも、そう言われてきましたが、この街しか知らない僕にはもう分かりません。

この街が、仙台人がどう見られているのかなんて。





僕はもう、だいぶ前に仙台に住み飽きました。

きっと長年育った街というものは、たぶんそんなものだと思います。

そういった事もあって、もとから探索好きな僕は、ずっと県外に興味が向いていました。

田舎人は都会に憧れ、都会人は田舎に憧れるとは言いますが、僕の場合はその逆で、都会ではなく、もっと田舎の方へとばかり出かけてきました。

東北から出ることはほとんどありませんでしたが、そこらで見てきたものは、仙台とは全く比べものにならないほどの伝統行事や芸能の数々。

秋田、青森、岩手… そこで見た祭り。独特の振り、太鼓のリズムは土地で身に付いた者しかできないもの。

一目見た僕が到底真似のできそうなものではありません。

他にも、見た事のない神事、小正月行事…

見れば見るほど自分の町が薄っぺらく感じ、がっかりしてきました。





そうしているうちに、どうせなら仙台を本当に飽きてしまおう、徹底的に飽きてしまおうという考えが生まれ、ついでにこのブログへ書いてゆこうと思いました。

見るものがなくなってしまうくらい仙台に飽きてしまおうというつもりです。

そうすれば、何かが納得できるのではないかと思うので。

仙台には何かがあるのか、なんにもないのか…
面白い街なのか、退屈な街なのか…

本当に決めるのは、それからにしようと思います。





そういう事で、それらを見終えたとき、このブログは終了します。





とにかく何でもとりあえず自分で見てくるつもりです。

仙台とは言いながら、宮城県全般が範囲ですが、なんでもパシャパシャ撮ってきて、画像中心に書いて行こうと思います。

季節と天候に気分が左右されやすい性分なので、やる気にむらがありますが、どうぞ暇つぶし程度に見ていって下さい。




posted by 与平 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする